Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

建設協力金

$Octopus's Garden~ぎーくな会計士のブログ

今日は事務所でセミナーの資料を作成していました。

来月、上場企業の経理の方の実務力向上を目的としたセミナーを開くのでそのためのテキストづくりです。

入社2年目の僕も講師をやる事になりました.

結構プレッシャーがかかります。

今日は金融商品会計の資料を作っていたのですが、

一番やっかいだったのが

「建設協力金」

ってやつです。

↓詳しくはこちらを参考に

http://www.1iart.com/estate/k061.html

会計処理っていうのは結構なんとなくで覚えちゃってて、

どうしてそうなるかってのを考えない事もしばしばありますが、

誰かに説明するためにはどうしてそうゆう会計処理になるのかってのを考えないとだめなんですよね。

まだまだ修行不足です。

↓建設協力金の会計処理はこちらに詳しくあります.

http://www.azsa.or.jp/b_info/ps/kouza/kinyu_kiso_08.html

上のサイトを補足すると建設協力金支払時の1633ていうのが建設協力金支払時の建設協力金の時価(割引現在価値)ですね。金融商品は時価評価が原則だからです。

建設協力金の時価と最終的な回収金額との差額は利息と考えられるので、償却原価法によって償却します。

支払金額と回収金額は結果として必ず同じ金額になりますが、これらを分けて考えないと受取利息と支払利息の計算方法がわからなくなってしまいます。