Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

9/3の日経新聞 国際会計基準早期適用

[IFRS] ブログ村キーワード

住友商事日産自動車がはやければ2011年3月期から国際会計基準を適用するようです。

また、経団連と上場19社が実務家で構成する国際会計基準への準備組織をたちあげるそうです。しばらくはこれらの動きから目が離せませんね。

国際会計基準ってのは全世界共通会計基準をつくろうって試みから生まれた会計基準でして、「国際財務報告基準」とか言ったりもしますが、通常は「IFRS(いふぁーす)」とよばれています。

IFRSは2015年か2016年には日本の上場企業にも強制適用される見通しですが、2010年3月期以降に早期適用が認められています。

日産なんかは親会社のルノーIFRSで開示書類を作成してるんで、IFRSで作った方が都合がいいんでしょうね。

住友商事については詳しく知りませんが、IFRSでは売り上げが純額表示になるので商社では売上高が相当減るのでしょうね。

日本の企業にとってのIFRS導入のメリットは↓こんな感じだそうです。

http://www.deloitte.com/view/ja_JP/jp/services/ifrs/merit/index.htm

個人的には会計は「企業活動を映す鏡」だと思っているので、

原則ベースで細かい規則のないIFRSのほうが財務諸表に企業実態を反映できるという点ですぐれているとおもいます。

いずれにしろ、IFRS導入は日本の企業にとってインパクト大きいでしょうね

J-SOXの父IFRSインパクトはJ-SOX以上だとおっしゃっています。