Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

9/30日経新聞 IFRS対応人材についての記事

今日の日経の記事によると、4大監査法人に所属する公認会計士のほぼ全員がIFRSの導入支援に対応できるようになる見通しだそうです。

内訳は以下のようになっています。

新日本 2,200人(今年からの増加率60%)

あずさ 2,000人(今年からの増加率4倍)

トーマツ2,800人(今年からの増加率4倍強)

あらた  700人(今年からの増加率40%)

この記事が本当なら(日経の記事は情報ソースが不確かな場合がわりとある)、

現時点で4大の中ではIFRSにかんしては、新日本が他法人を大幅にリードしていることになりますね。

この記事から現時点での対応人材を逆算すると、

新日本 1,375人

あずさ  400人

トーマツ 700人以下

あらた  500人

となります。

先日、日経にでかでかとIFRS対応の広告を打っていたあずさは最下位ですね。。。

新日本は2番手のトーマツに倍近くの差をつけてることになりますね。

確かに新日本は他の監査法人と比べるとIFRSに関してはITpro×日経ビジネスの「国際会計基準シンポジウム」なんかでも講演してて、

一番積極的に動いているように思えます。

今年度は営業赤字を計上してしまった新日本有限責任監査法人ですが、

来年度はIFRS対応で赤字解消となるかもしれませんね。

あ、「週刊ダイアモンドの増刊(完全保存版 まるわかりIFRS)」買いました。

これから勉強します。