Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

書評「あっそういうことかIFRSガイド」

FRSに関係するであろう人たちが知っておくべき必要最低限の知識が網羅的に解説されています。

また、冒頭で、読者の層によって、抑えて欲しいポイントを絞ってくれているので、これからIFRSに関わるけど「IFRS?なにそれ?おいしいの?」な人にはもちろん、IFRSについては一通り学習したけど、復習したい、または、理解はしているんだけど、人には説明するのに苦労する。といった会計専門家の方にももってこいの本だと思います。

本書では、IFRSの歴史、特徴について解説した上で、日本基準との考え方の違いについて解説した上で個別のの事象についての解説に進んでいるので、「なんでそういうふうになるの?」という疑問にも答えくれます。

IFRSに関する理論・実務の基本を抑えるのには最良の一冊かと思います。

あっ、そういうことか!IFRSガイド/武田 雄治

¥1,680

Amazon.co.jp

会計の歴史についてもう少し詳しく知りたい方は、

↓こちらの本なんかもお勧めです。発生主義・固定資産という概念の成り立ちなど、会計の根本部分の成り立ちについても詳しくなれます。やさしい言葉で書かれているので、会計に明るくない方にもお勧めです。

会計の時代だ―会計と会計士との歴史 (ちくま新書)/友岡 賛

¥735

Amazon.co.jp