Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

ustream「東芝 元原子炉容器設計者 後藤政志さん 記者会見」まとめ

(2011/4/1追記)以下の文章は、Ustreamでの後藤政志さんの原子炉の解説(生放送)をききながら文字に起こしたものです。この件に関しては、当時関心を持っている方がたくさんいるだろうと思い、聞き取れた範囲で文字に起こしました。重要性が少ないだろうと判断した発言は大幅に削除しています。

スライドで原子炉の説明。

今回は、制御棒が入って核反応はコントロールできた。

問題は冷却。

核反応は止めたあとものすごい熱が出る。

だから冷却系統が必要

冷却系統が機能するには、

水位が保てる、循環させる。

という点が大事

今回の問題点

冷却機を可動させるには電気が必要。

非常用のディーゼル発電機を可動して動かす。

今回これらが動かなかった。

普段止まっている機械を回すということは、立ち上げに失敗することが多い。

ある期間ごとに試しに立ち上げてみる。

この時点(非常用電源が動かなかった)で原子力発電所としては破綻。

他の物を動員して冷却機能を動かせる(海水をとって冷却している)←今ここ

・原子炉の安全性

格納容器が安全ならば、外に放射能はもれない。

格納容器の中の気圧が通常の2倍

設計条件の2倍になっているということは、安全性について保証できない。

うまく冷却が進まなければ、そのままスリーマイル型に突入してしまう。

スリーマイルの説明。

(スリーマイルでは)格納容器は壊れなかった。これが壊れていれば、チェルノブイリと同様になっていた

設計の条件を超えたら壊れる可能性がある。

当然のことながら、事故が起きたときの安全性は確保して設計している

設計条件の2倍の圧力があるような場合にはなにがあるかわからない

結局は原子炉としての最後の砦は格納容器

核納容器の周りの建造物では放射能は防げない。

・今回の爆発

原子炉の建家(格納容器の周りの建造物)が吹っ飛んでいる。

原子炉本体が爆発してしまうと、格納容器も爆発する。

格納容器が爆発すると外もぶっ飛ばしてしまう。

水素爆発の可能性がある。

格納容器は窒素充填しているため、水素爆発の可能性は低い。

建家が爆発したのみ

・なぜ(政府は)情報を出さないのか?

格納容器の状態がわからない。これは起こりうる。巨大なシステムでは細部までわかるのが難しい。

現実がわかるというのが難しい。

重要なポイントは、

炉心が冷やせるか?

格納容器が壊れないか?

記者より

水蒸気爆発があった。

格納容器は壊れなかった。酸素が無い

東電は(原子炉全体を)海水で満たすらしい

後藤さん「すべて水漬にするのでしょう」「溶融が始まっているかもしれないが、量的に重要でないのだと思われる」「東電が全体をコントロールしているように思えない。それが怖い」

記者「他にやりようが無いのでしょうか?」「溶融物が溶けている、が海水で満たしてしまって大丈夫か?」

後藤さん「水蒸気爆発のリスクを負う。最悪の選択。他にどう仕様も無いのだろう。」

海水で満たすのと、冷却水を満たすのはどう違うのか?

どうやって海水を満たすのか?

海水を汲み上げるポンプで水を満たす。

・国の判断についてどうか?

(国の発表について、記者からの説明)

原子力プラントの設計の段階から完全に逸脱している。

設計から逸脱した場合に備えて、各社アクシデントマネジメント(ただし自主的に)を作成している。今行っているのは、このアクシデントマネジメント。

・海水をいれることについて?

この方法をとることについていいとか悪いとか言える段階ではない。

どちらをとってもリスクのある判断。

・漏れたらどれくらい危険なのか?

専門外なのでわからない。

〚関連記事〛

得する寄付の話。 寄付金と税金とマッチングギフト

「東京電力株主5位は石原慎太郎」というデマと公職選挙法

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ/小出 裕章

¥1,470

Amazon.co.jp

日本の原子力施設全データ (ブルーバックス)/北村 行孝

¥945

Amazon.co.jp