Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

東電が3兆円もの埋蔵金を隠し持っていることが判明!?

$Octopus's Garden~ぎーくな会計士のブログ

すごいですね。

3兆円ですよ。

ネタ元はこっちです。

「増税」「電気料金値上げ」の前に3兆円の埋蔵金

記事によると、

原子力環境整備促進・資金管理センターは、電力各社が積み立てた最終処分積立金と、再処理積立金の運用を2000年から行っているのだ。

 2011年度事業計画書によると、再処理積立金は2兆7357億円で、最終処分積立金は約8374億円。合わせて3兆円以上の積立金になる。

と、これが「埋蔵金」なのだそう。

これを補償に回せばいいじゃないか。というのがこの記事の主張。

ツッコミどころがいっぱいありそうですが、

①この積立金を補償にまわしていいのか?②3兆円もの資産を隠していた?

という2つの疑問を検証してみましょう

①この積立金を補償にまわしていい?

→これって核燃料を再処理したり処分するために積み立ててる資産ですよね。これ使ったら核燃料の再処理とか最終処分するときの原資はどうするんですかね?

東電分の積立金だけでも補償財源に充てるために法改正をする方針だということが報道されている。

と書かれていますが、いまのところそういう報道は目にしていません。

いや、ボクが目にしていないだけかもしれません。

②3兆円もの資産を隠していた?

たしかに、「原子力環境整備促進・資金管理センター」の決算公告には、資産約3兆円が計上されています。

Octopus's Garden~ぎーくな会計士のブログ-資産合計

そして、その多くは有価証券で運用されているようです(中身は国債とかの債券でしょうね)

Octopus's Garden~ぎーくな会計士のブログ-有価証券

そして、「原子力環境整備促進・資金管理センター」側では東電から預っている資金は当然負債として計上されています。

Octopus's Garden~ぎーくな会計士のブログ-負債合計

でも、この負債合計2兆8500億円ですよね。

記事の中でも、東電の積立は

東京電力分の積み立ては約8240億円だといい、同社の有価証券報告書には「使用済燃料再処理等積立金」という名目となっている。

て書いてあります。つまり、3兆円近くの積立金のうち、東電分は8240億円で、残りは他の電量会社が積み立てている分です。

東電有価証券報告書ではこんな感じ。

Octopus's Garden~ぎーくな会計士のブログ-東電積立金

ちゃんと開示されていますね

というわけで、

東電が3兆円もの埋蔵金を隠していたというのは全くのデマということです。

そもそも、上場企業である東電が隠し財産を持っているなんて話、まずは疑ってかかるべきでしょう。

でもこんなトンデモ話でも、twitter上ではホントのことのごとく広がっていくんでしょうね。

デマの心理学 (岩波モダンクラシックス)/G.W.オルポート

¥3,360

Amazon.co.jp