Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

映画「super8」を観てきました。

1979年夏、保安官の父と暮らす14歳の少年ジョーは、突然の事故で母親を亡くし、心に深い悲しみを抱えていた。

ある夜、親友チャールズの8ミリ映画を手伝うために、夜中にこっそり家を抜け出して仲間たちの所へ向かうジョー。仲間の中には密かに想いを寄せるアリスの姿もあった。

アリスが親に内緒で運転してきた車に乗り込み、駅に到着した6人の少年たち。列車の通過に合わせて撮影を始めると、突然、車が突っ込み大事故が発生してしまう。あたり一面が炎に包まれ、轟音が鳴り響く中、取り残された8ミリカメラが写したものは貨物コンテナの中から強大な力で外へと出ようとする“何か”だった。

ほどなくして事故現場に到着した軍の回収部隊は、落ちていた8ミリフィルムの空箱を発見し、極秘情報が何者かに目撃されたと知り、大捜索を開始する。

現場から逃げ帰った少年たちは、絶対誰にも言わないことを約束するが、彼らの周りでは不可解な事件が起きはじめる。突然の停電、町中の犬が姿を消し、車のエンジンだけが消え、9人が行方不明。平穏な町の姿が変わり始めた。

一体何が起こっているのか?事故現場から持ち帰った白い謎のキューブが不思議な動きを始め、全てを目撃した少年たちは、真実を探しに行くことを決断。そこには永遠に忘れられない未知との出逢いが待っていた。

 ~super8公式サイト

この映画は久しぶりの当たりでした。

映画のタイトルは昔、アマチュア向けのビデオフィルムに使用されていたスーパー8mmフィルムから来ているそうです。

物語の舞台は映画の撮影にそのような8ミリフィルムが使われていた、1979年頃のアメリカの片田舎です。1979年ってそんなに昔というイメージは無いのですが(といってもボクはまだ生まれていませんが)8mmフィルムとか使っているのを観ると、やっぱり昔だなあという感じです。

この映画は、SFの体裁をとっていますが、本質的には一人の少年の成長物語です。

謎の巨大生物との遭遇というSFホラー的なストーリーの中に、父との衝突や甘酸っぱい恋とか思春期の少年の「リアル」が描かれています。そういった意味では、「機動戦士ガンダム」や「新世紀エヴァンゲリオン」にも通じるところがあるかも(いやないか。。。)

監督のJ・J・エイブラムスは、「この映画を通じて子供たちに伝えたい事は?」という問に対してこう答えています。「人生にはセカンドチャンスがあるということが一番のメッセージだ」「人は逆境を乗り越え、再生していくことができる。」

忘れかけていた、少年時代の好奇心とか探究心だとかを思い出させてくれる映画でした。