Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

習慣化〜実行すること

dream

今年もすでに半分が過ぎてしまいました。

年初にいくつか目標を立てたのですが、どうも目標を達成できそうにありません。ブログで目標を発表しておいて、達成できないのはなんか恥ずかしいのですが、今からでも達成可能な目標に立て直したいなと思います。

その前提として、目標達成に失敗した要因を分析してみます。

【問題点①目標の立て方(成果よりもプロセスを大事にする)】

そもそも、目標の立て方と、その実行方法に問題が合ったのだと思います。

達成したい「成果」を目標として選びましたが、その「成果」から具体的な行動にブレークダウン出来ていなかったのです。

たとえば、今年は「TOEICスコアを800以上にする」という目標を立てましたが、そのために、いつどこで、どのように、どうやってやるかという事まで考えていませんでした。

TOEICスコアを800以上にする」という成果を残したいと考えた場合、例えば、「7月の頭から8月の終わりまで、~という単語帳を一日何ページやる」という具体的な行動にブレークダウンして、目標とすれば、目標の達成度合は明確になるし、日々やるべきことも明確になるはずです。

【問題点②習慣化と制約】

書評を50冊分書くという目標を設定しましたが、今のペースだと、年間10数冊くらいになってしまいます。目標達成には程遠い水準ですね。

当初は、週に1回くらいのペースで、読んだ本をブログでまとめようと考えていたのですが、ついついサボってしまいました。

サボってしまうのは、制約が何も無いからです。仕事であれば、ついついサボってしまったというのは理由になりませんが、ブログを書く時間は完全に私的な時間ですから、やりたくないときにはやらなくて済んでしまうんですよね。

「どうすればさぼり癖を治せるのか?」なかなか悩ましい問題ですが、解決策として、「計画を立てる自分」と「計画を実行する自分」を分けて考えるということに行き着きました。

具体的には、

①「目標とする成果を考え、それを具体的な行動までブレークダウンする自分」と「その計画をたんたんと実行する自分」に分けて考え、「実行する自分」のときは、計画通りに実行することだけ考える(とにかく、一旦たてた計画は実行する)。

②思うような成果が出なかったときには、「計画を立てる自分」がその実行方法を練り直す。

というふうに進めていけばいいのかなと思います(計画は頻繁に振り返るのではなく、早くても月に一回くらい)。

PDCAサイクルでいうと、「計画を立てる自分」がP(計画)C(点検・評価)A(処置・改善)を行って、「実行する自分」はひたすらD(実行)を行うようなイメージです。

【まとめ】

 漠然と「目標」をもつのではなく、達成したい「成果」をもとに具体的な行動にブレークダウンし、それを実行する。

 行動が「成果」に結びついていなければ、軌道修正をおこなって、行動を改善する。

 とにかく、一旦立てた計画は何がなんでも必ず実行する。