Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

カリスマ美容師とコンサルタント

The_stylist-1000504.jpg

最近、行きつけの美容室の美容師さんが別の店に移動してしまいました。

他の美容室に変えようかとも思いましたが、家から少し離れた、担当の美容師さんが移動したお店まで通うことにしました。

たぶん、その美容師さんがライバル会社に移ったとしたら、ボクはたぶんそっちの美容室に通うようになるんだと思います。

思うに、腕のある美容師さんのお客さんってその美容室がイイからそこの美容室に行くのではなくて、「その美容師さんがいる」美容室に通ってるってことなんだと思います。

だから、腕に自信のある美容師さんって組織にいながらも組織に縛られてるってかんじじゃないんだと思います。むしろ、独立した場合には自分でやらなきゃいけない、シャンプーとか掃除とかはスタッフがやってくれて、自分はカットとかスタイリングに集中できるっていう理想的な環境にいるのかもしれませんね。

これって、コンサル会社と似ているよなーって思いました。

コンサル会社の顧客って、会社ではなく個人についてるんですよね。

頼む方の会社は「あの会社に頼もう」っていうよりは「あの人のいるあの会社に頼もう」って感じなんですよね。

だから、コンサルタントが他の会社に移動すると、顧客もその会社に移ることになります。

コンサルタントにとっては、どこの会社に属しているとかはあまり関係ないんですよね。

そして、こういう人たちは独立したって自分にお客さんがついてくるから、いつでも独立できるけど独立しないんですよね。なぜなら、独立するメリットがあまりないからです。独立してしまうと、いままで優秀なスタッフ達にやってもらっていた雑用を自分でやらなきゃいけないし、社内のネットワークが使えなくなったりと何かと不便なんです。

美容師とコンサルタントに限らず、「手に職」の仕事では、「どういう会社にいるか」って言うよりは、「自分がどうあるか」によって仕事のやりがいとかが決まってきそうですね。

iPhoneからの投稿