Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

【映画オタクが選ぶ映画ベスト100】99位「遊星からの物体X」

それは南極での不可解な事件が発端だった。ノルウェー隊のヘリが1匹の犬を追ってアメリカ南極観測隊第4基地まで飛んできたのだ。銃や手榴弾を使い執拗に犬を狙うが失敗し、手違いからヘリは爆発。一人残ったノルウェー隊員は止めようとしたアメリカ隊員を撃ち、なおも基地内へ逃げた犬を追うが、第4基地の隊長により射殺される。

 ~wikipedia

世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画ベスト10099位の「遊星からの物体X」を観ました。

南極越冬基地という「密室」の中で、人間の形状をそっくり真似することのできる凶暴な謎の宇宙生物が出現する。

宇宙生物は普段は他の生物(人間だったり犬だったり)の形状をしていますが、正体を表した時は非常にグロテスクで人間に強烈な嫌悪感を与える形状になります。

この映画の魅力は、いつそのグロテスクな生物が姿を現すかわからないという緊張感です。

油断していたところで急に姿を現す「物体X」。

けっこう心臓に悪いです(笑)

「通信機能が麻痺してしまった南極越冬基地」という閉鎖空間において、誰が人間ではないのか分からない緊迫した状況下における、隊員達の心理状態と、難局を打開しようとする姿を描き、最後まで明快な結末は見えない。

 ~wikipedia

2011年の秋にはこれのリメイク版が公開されるそうです。

2011年秋公開予定の「The Thing」では冒頭にて登場したノルウェー調査隊のエピソードが描かれる前日談になる。メアリー・エリザベス・ウィンステッド他、女性も出演する。

世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画ベスト100

遊星からの物体X 【Blu-ray ベスト・ライブラリー100】/カート・ラッセル,ウィルフォード・ブリムリー,リチャード・ダイサート

¥1,980

Amazon.co.jp

遊星からの物体X [DVD]/カート・ラッセル,ウィルフォード・ブリムリー,リチャード・ダイサート

¥2,090

Amazon.co.jp