Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

ブログを拡散するための5つの方法

最近気づいたことですが、

そこそこ有名な人というか、影響力の大きな人が書いているブログって、それほど大したことを書いていなくても、ブクマがいっぱいついて、twitterでRTされまくって、いろんな人に読まれていますよね。

一方で、あまり有名でない人が面白いこととか為になることを書いていても、あまり広まらないし、読む人が限られていますよね。

影響力が大きな人が書いているブログって、もともと定期的に読んでいる読者数がものすごいたくさんいて、ブログ更新されると、まずは、①その読者たちが読みます。そして、②その読者(ファン)たちが、この人がこんなこと書いてるよ~と買って感じでtwitterとかfacebookとかで広めることで一気に拡散されて行きます。

一方、そうでない人が書いている記事が拡散されるときって、自然発生的に拡散されるのではなくて、①誰かが偶然その記事を読んで、それを周りの人間に徐々に拡散して行く、②それを影響力の大きな人が見つけて、③さらに拡散する。っていう経路をたどっているような気がします。

なので、自分の書いたブログを拡散させる為には、こういう拡散の経路を意識することが大切なのかなと思います。簡単に言うと、①影響力の大きな人に読んでもらうこと②影響力の大きな人に拡散してもらうことが目標になります。

実際に、ボクが書いた記事でいうと

モテる会計系女子力を磨くための4つの心得~電卓の打てない女をアピールせよ

という記事と

日本のベンチャーに関する7つの誤解

という記事は、@isologueさんにRTしてもらったことで、そのフォワーさんから大量のRTを頂き、多くの方に読んでもらうことが出来ました。

つまり、ブログ記事をたくさんの人に読んでもらうためには、拡散してもらうに足るだけの質の高い記事を書くことは必要不可欠ですが、それだけでは十分ではなく、ブログが拡散経路と「ソーシャルグラフ」の関係を意識して、どうやってこの拡散の経路に乗っけるかが勝負だと思います。

自分の記事をこういった拡散の経路に乗っけるためにどうすればイイでしょうか?大きく分けると以下の5つになるのかなと思います。

①リアルの世界で知り合いになる。

これは一番ハードルが高いと思いますが、成功すれば効果は大きいはずです。相手があなたに興味を持ってくれれば、ブログも読んでくれるはずだし、面白い記事をかければかなりの確率で拡散されるでしょう。

ただし、 現実的には、ネットの世界で影響力が大きな人っていうのは、リアルな世界でもすごく忙しい人なので、業界の中で「いい位置」にいる人でなければ、この方法はかなり難しいとは思います。

SNSを経由して読んでもらう

例えば、書いた記事に関することで影響力の大きな人に対して、twitterで更新を知らせると運がよければ、RTしてくれるかもしれません。もちろん、唐突に「更新しました」だと「?」になってしまうので、「~さんのこの記事を読んでこんなことを思ったので、ブログに書いてみました」とか、「~さんの~という記事から引用させてもらいました」とか、相手が興味を引きそうな一言を添えるとイイですね(こんな感じこられたら、少なくとも自分は悪い気がしません)。相手がRTしてくれなくても自分にダメージは何もないので、手軽に試せそうですね。

③同ジャンルのブロガーさんに記事を紹介してもらう。

基本的に②と同じです。ただ、もっと掘り下げて、「こんな記事書いたのですが、そちらのブログで紹介してもらいませんか?」くらいのお願いをしてみるとイイかもしれません。ちょっと厚かましいかもしれませんが、ブログを書いている人ってけっこうネタ不足だったりするので、うまく行けば紹介してくれるかもしれません。

④実名を使う

実名をつかって記事を書けば、自分のことを知っている人が読んでくれる可能性は高まります。ただ、ネット上に自分の個人情報をさらすことになるので、かなり慎重にならなければいけません(ボク自身当分は実名でやる気はありません)

⑤徐々に輪を広げて行く

その道で有名な人でも、同じ業界で働く人であれば、知り合いの知り合いの知り合いのくらいにいる可能性はけっこう高いです。知り合いに自分のブログの存在を教えていれば、面白い記事を書けた時はそれを周りに拡散してくれるかもしれません。うまく行けば、SNSを通して、一気にバイラルする可能性もあります。