Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

ブログの更新時間を短縮するための5つの方法

Clock

前にも書きましたが、ブログの更新にはなるべく時間を割かない様にしています。僕の場合は、一つの記事をを更新するのにだいたい30分くらいを目安としています。

ただ、長文のブログになると、どうしても時間がかかってしまいます。

いろいろとやりたいことがあって、ブログの更新に時間はかけたくありませんが、ブログを続けていると、いろいろな人からの反応をもらえたり、自分の考えをまとめたりできていいこともけっこうあるので、今後も続けて行きたいと思っています。

そこで、記事の内容を落とさずに、更新にかける時間を削減する方法をいくつか考えてみました。

①記事の内容を決める段階ではアナログな方法を使う

ブログを書いている時に書いている途中でパソコンの前でフリーズしてしまう様な状態に陥ってしまうことがよくあります。パソコンのまえであれこれ考えても、デスクトップを眺めていてもいいアイデアは浮かんできません。それどころか、パソコンの中の様々なアプリがブログを書くのに必要のないことをさせようと誘惑してきます。

シンプルプレゼンを行う際に厳守すべきルール、それはアイデアを練る段階においてはパソコンお使わないことです。電源も切ってください。電源をつけっぱなしにしていると、メールが届くたびに思考や作業が邪魔され、せっかく良いアイデアが浮かんでも忘れてしまいます。

 ~ガーレイノルズ「シンプル・プレゼン」

②事前に構成を決めておく

記事の内容が決まったとして、ブログを更新する時に迷うのが、文章の構成です。「結論+根拠①②③」にするか、それとも、「事実+考察+一般化」みたいな形にするかなど、文章の組み立て方はけっこう迷います。ブログのテーマによって最適な構成も変わってくるとは思いますが、文章の構成をなんパターンか事前に用意しておくと、スムーズに構成を決めることができるはずです。

③書く内容が決まるまでパソコンに向かわない

ブログを書く時間が長くなってしまう最大の要因は、詳細な内容が決まっていないうちにキーボードの前に向かってしまうことだと思います。テーマは決まったけど、具体的な内容が決まっていないような状態で書き始めると、書いている途中で書く内容がわからなくなってしまう、あるいは、途中から全く別の内容が書きたくなってしまいたくなるなど、いわば迷路に迷い込んだような状態になってしまいます。

逆に、ある程度しっかりした下書きをかけた状態ならば、文章に起こすのは簡単です。下書きに沿ってひたすら文章を打ち込んで行くだけでいいのですから。

④体裁を整えるのは最後にする

ある程度ブログを書くのになれてくると、写真をいれたり、動画のリンクをいれたり、アフィリエイトのリンクをいれたりと、文章の内容以外にもブログの体裁的なことも気になってきます。でも、文章を書いている最中に写真をいれたり、動画のリンクを貼ったり、と言った文章を書く以外の作業をしてしまうと、文章の方に集中できなくなってしまいます。ブログの体裁を整えるのは文章を書いたあとにしましょう(と言うか、1記事30分という制約の中で、写真をいれたりするのはかなりの厳しいという事がわかってきました。)

⑤ネタは一晩寝かせる

「これは面白い記事が書けそうだ」と思って書き始めても、書いてみるとなんか物足りなくなっていろいろ書き加えたくなることは良くあります。①のステップで書いた下書きは文章に落とし込むまでに一晩寝かせてみると、より充実した記事が書けるはずです。

まとめ

・完全な作業と創造的な作業は分離して行う

・書く内容を決める時はアナログな方法で行う

・書くことが決まったらあとはひたすら打ち込む(手を休める事なくひたすら入力する)

反省

・この記事を書くのに40分くらいかけてしまいました。