Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

会計士試験でカンニング!?

試験の難易度と信用度で知られた登録会計士試験が、試験問題漏洩の疑惑に直面している。「労働報」が伝えた。昨日は2011年登録会計士試験の最後の1日だった。試験終了後に受験生が、インターネットで試験前に流出していた一部答案が実際に出題されたとして、試験の公正さに疑問の声を挙げている。専門家の馬靖昊氏によると、中国登録会計士協会などの関係者と連絡をとっており、もし問題の漏洩が事実なら法律に基づき処理するとしている。

 ~中国網日本版

中国では、今公認会計士の需要が急速に伸びているようです。

しかし会計士の受験生がカンニングとは。。。

日本の大学入試でも同じようなことがありましたが、

このニュースを見て、昔歴史の教科書に乗ってたこんな話を思い出しました。

科挙の競争率は熾烈を極め、時代によって異なるが、約3000倍とも言われている。最終合格者の平均年齢も、時代によって異なるが、約26歳と言われている。及第者数に対して受験者数が増大し、カンニングをする為に、全体にびっしりと詩文の書かれた下着など、科挙の苛酷さを伝える逸話も多い。

 ~wikipedia科挙

確か下着にびっしりと詩文の書かれた下着の写真が載っていたと思います。

時代が変わるとカンニングの仕方も変わるんですね。

新華社南昌4月17日】近年、中国の公認会計士業が急速な発展をとげている。初歩的な集計では、2010年度の公認会計士業界全体の収入は375億元(1元=約13円)を超え、伸びは20%に近づいた。

 ~新華社通信日本語版

日本とは違って、中国の会計士業界はかなり勢いがあるみたいです。

語学の得意な会計士にとってはチャンスですね。