Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

アリストテレスとブログ

ボクの大好きなアレクサンドル・デュマ原作の「三銃士」が映画化されました。

原作の設定を残しつつも大胆にアレンジを加えているみたいで、従来の「三銃士」とは全く違う、新しい解釈の「三銃士」を観るのがとても楽しみです。

仏の乗っ取りを狙うリシュリュー枢機卿によってアンヌ王妃の首飾りが奪われた。アラミスとポルトス、アトスの三銃士とダルタニアンは、首飾りを取り返すため英国へ。彼らの前に最新兵器の飛行船を駆るバッキンガム公爵と謎の美女、ミレディが立ちふさがる。

 「バイオハザード」のポール・W・S・アンダーソン監督が、飛行船同士の派手なドンパチや、迫力満点のチャンバラで、観客を存分に楽しませる。「ルパン三世」の峰不二子みたいなミレディを演じたミラ・ジョボビッチも愉快。

「三銃士」のメンバーは「アトス」「ポルトス」「アラミス」ですが、

哲学者アリストテレスは、説得力の要素は「エトス(信頼性)」「パトス(情熱)」「ロゴス(論理)」の3つだと教えました。

ブログを書く時にもこの3つの要素が大切です。

論理がはっきりしていて(ロゴス)、

書き手の熱意が伝わってくるような文章で(パトス)、

かつ信頼できる書き手が書いているもの(エトス)

であれば、きっと多くの人が楽しく読んでくれるはずです。

アリストテレスは3つの要素の中で、とりわけ「エトス(信頼性)」が重要だと説きましたが、

ブログの運営にも同じ事が言えます。

無名の人がちょっといいことを書いただけではtwitterとかでなかなか拡散して行かないのに、有名人が大したことじゃなくても、なんとなく良さげなことを書いただけで次々に拡散していくのは、その人が「この人が書いていることは信頼できる」と多くの人に思われているからです。

とは言ったものの、「読者の信頼を得る」ってのはすごく難しいですね。とにかく書き続けるしかないのかなあ。。。

iPhoneからの投稿