Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

TPPに関する私見

最近TPPに関する議論がネットを中心に盛り上がってきましたね。

TPPについてよく知らなかった時は、「自由に貿易が出来るようになって、経済が発展するのなら日本もその枠組みに入ればいいじゃない」と思っていまいしたが、フジテレビの番組できれまくってた京大の教授の意見をみてからちょっと考えが変わりました。

それからTPPについて少し調べてみました、

TPPってメリットと言われていることが日本にとってそれほどメリットじゃなくて、それ以上に圧倒的にデメリットの方が大きいってことがわかってきました。

例えば、テレビや新聞だとTPPに加入すれば、「キャベツがこれだけ安くなる」とか「牛肉が安くなる」とかって消費者にとってはメリットが大きいように言っています。実際にTPPに加入して関税を撤廃すれば、加盟国から輸入するものを消費者が買う価格は安くなります。でもそれって別にTPPに加入しなくても関税を低くすればいいだけの話ですよね。関税を自分の国で自由に決めることができる権利のことを「関税自主権」って言って、独立国なら当然に認められている権利なんですよね(あまりにも高く設定しすぎると貿易摩擦の原因になりますが)。

で、デメリットの方は「食品の安全基準の共通化」とか「遺伝子組み換え作物や農薬の使用基準の変更」とかちょっと受け入れ難いものばっかりです。

あと、農産物の関税をなくすと、当然アメリカからたくさん食品が輸入されてきて、日本の農家は壊滅的なダメージを受けるでしょう。そうすると、その農家たちを救済するために補助金やらなんやらのバラマキをやらなきゃいけなくなる事は目に見えています。

そうすると、今まで輸入品の関税として国庫に入ってきたお金がまるまるなくなって、今度は農家を救済するために補助金を交付しなきゃいけなくなるっていう状態になります。税収が減った上に支出が増えるんですよね。それを負担するのは国民の一人一人ですよ。

「バスに乗り遅れるな」的なことををいう人もいますが、そもそも、TPPに参加しようとしている国って、日本とアメリカ以外は小国ばかりで、実質的には日本とアメリカの間の話なんですよね。それなら、こんな枠組み使わなくたって、アメリカさんと個別にじっくり話し合えばいいじゃないって思います。