Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

Octopus's Garden的 2011に読んだ本ベスト5

今年も残すところわずか10日あまりになってきてしまいました。

ボクは、最近読みかけの本の消化と、今年読んだ本の振り返りに励んでいます。

去年の終わりくらいから「ブクログ」というwev本棚サービスを使っていて、読んだ本はそちらに記録しているので、振り返りが結構楽です。

振り返りも兼ねて、今年読んだ本で印象に残っているモノのベスト5を発表したいと思います。

1位 思考の整理学

外山 滋比古
筑摩書房
発売日:1986-04-24

創造的な行為を行うための方法論について考察している書。専門分野に特化しすぎることの弊害(他の分野について知ることでそれが触媒になる)や、学問は拡散し収斂させねばならないとといた章が印象的だった。この本で紹介されている方法自体は、スクラップブックだったり、メモの方法だったり、現代でそのまま使うのは難しいけれど、その根底にある考えは応用可能だと思う。それをそのままスマートフォンで実践すれば良いのだから。

2位 メッシュ

フリー、シェアときて、このメッシュだ。

メッシュというのは、

①核となる提供物がシェアされること

②ウェブとモバイルネットワークを利用して、顧客データや製品情報を集計すること

③シェアできる有形のモノに重点が置かれていること

④商品やサービスの内容はソーシャルネットワークサービスによって広範囲に伝達される。

筆者がこのようなビジネスモデルにメッシュという名をつけたのは、ネットワークとネットワークがつながっていくさまを網のめが様々な方向に糸が伸びていく様に見立てたからだそうだ。

メッシュ・ビジネスは気づけば我々の身の周りに溢れている。モノをいたずらに所有することは時代遅れとなりつつある。

メッシュを利用して、様々なモノを周りの人たちとシェアするということが希少性の制約下での経済では今後ますます一般的になる。

そして、メッシュを活用した社会こそがサステナブル社会を実現する。

3位 現代語訳 学問のススメ

福沢諭吉の「学問のすすめ」を斎藤孝氏が現代語訳している。日本の独立のために、国民の一人一人が独立せよという事が全体を通してのテーマとなっている。そして、学問をおさめることや、国への依存・物への依存を断ち切るなど、個人が独立するために必要なことを具体例を用いながら説いていく。古典の類だけど、本質的な事を書いているので、書かれている事の一つ一つは現代にも通じる事ばかり。そして、斎藤孝氏の現代語訳がすごくわかりやすい。

4位 憂鬱でなければ仕事じゃない

パートナーにオススメされたので、購入してみました。

第一章の「人としての基本」で頭をガツンと打たれたような衝撃を受けた。成功するには、小さなことを大事にしていかなければならない、簡単そうでもこれが難しい。というか、できていないなあと反省。

また、仕事との付き合い方についてもいろいろと得るものがあった。「憂鬱でなければ仕事でない」という言葉の裏にある意味は、憂鬱な課題があるからこそ、その先に新しい世界があるということだと思う。そして、憂鬱を乗り越える為に情熱が生まれる。憂鬱とワクワクは表裏一体なのだと思う。

5位 ガー・レイノルズ シンプルプレゼン

シンプルなプレゼンをするためのシンプルな法則。

DVDがついてこの値段は相当お買い得だと思う。

特にスライドをつくる手順についての解説はとても役にたった