Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

10年後の会計士像

2022

2012年2月4日(土)に、「第5回会計人祭~Profession’s Hands~」というイベントが開催されます。

会計士を中心に携わる方々でパネルディスカッションや懇親会をやったりする素晴らしいイベントです。

前回の第4回は私も参加して、素晴らしい先輩方の話を聞けてとてもいい刺激を受けました。

まだ、申し込みを受け付けているようなので、受験生や会計士業界の皆さんは是非ご参加ください。

第5回会計人祭~Profession’s Hands~

第一部13:30~ 10年後の会計士業界を語ろう

第二部15:00~ 求められる会計士とは

第三部16:00~ 懇親会

中でも、私の興味をひいたのは、第一部の「10年後の会計士業界を語ろう」というテーマです。

異なる分野でご活躍中の先輩会計士をお招きし、各自10分~15分程度でこれまでのキャリアをお話し頂き、その後パネルディスカッション形式で10年後の会計士業界全体がどうなっていると考えているのか、業界全体の話やご自身がどの様に関係していきたいか等を語っていただきます。

 ~10年後の会計士業界を語ろう

様々な分野で活躍する会計士の方々が10年後の会計士像をどのように描いているのか、ぜひとも伺ってみたいです。

と同時に、私自身も10年後の会計士像について考えみたいと思います。

10年後の会計士像を考えるにあたって、

・10年後、日本は、世界はどのように変わっているのか?

・今会計士に求められていることはなにか?(これは第二部のテーマでもあるんですけどね。なので、個人的には第一部と第二部とは逆の順序の方が良かったんじゃないかと思っています)

・個々の会計士が10年後どのようになっていたいと考えているか?

ていうことから考えていこうと思います。

ちなみに、10年後の2022年にはカタールでワールドカップが開かれるそうです。