Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

監査報酬は事務所の立地で決まる\(^o^)/

Microsoft Leases 320,000 SF in Lincoln Square Office Building

先日、「僕は君たちに武器を配りたい」という本を読みました。

これから社会に出る、あるいは出たばかりの若者に向けて書かれた、「非常で残酷な日本社会」を生き抜くためのサバイバル術について書かれた本で、いろいろと気付かされることの多い本でした。

その本の中では、あらゆる種類の職業はコモディティ化し、会計士のような士業もコモディティ化の流れは避けられないと書いています。

そういった流れで、監査法人について書かれた一節がなかなか衝撃的でした。

しかし、四大監査法人のサービスは、基本的に同じだ。違っているのは値段だけ。その値段も、ほとんど「会社の立地」で決まっているといって過言ではない。東京駅の駅前にあるトーマツがいちばん高く、飯田橋にあるあずさがいちばん安いという、非常に分かりやすいプライシングなのである。

監査業務というのが差別化が難しく、おおきな利益を確保するのが難しい産業ということを表現したかったのでしょうが、さすがにこれは極端な表現だなーと思いました。

それともこれって業界内では通説になっているのでしょうか?詳しい方いたら、是非教えて下さい!!

僕は君たちに武器を配りたい/瀧本 哲史

¥1,890

Amazon.co.jp