Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

寄付金控除〜税額控除と所得控除、どっちが有利?

確定申告の時期ですね。

「寄付金 税額控除 所得控除」とかのワードでうちのブログに来られる方が増えています。

昨年の申告分から、寄付金控除が税額控除と所得控除の2つから選べるようになったので、どちらが得なのか調べている方が多いようですね。

結論から言ってしまうと、税額控除を選択した方が有利です。

所得控除の方法だと、

①所得控除

(寄附金額ー2000)×所得税=寄附による節税額

ですが、税額控除だと

②税額控除

(寄附金額ー2000)×40%=寄附による節税額

のようになります。

所得税率の最高税率は40%なので、基本的には②の税額控除を選んだほうが有利になります。

また、この「税額控除」の方法は「個人が」寄附を行った場合にのみ使えるものなので、個人で会社をやっているような人は、税額控除は個人の所得税の申告の際に使ったほうが有利ですよっと。

平成23年以後に個人が支払った特定寄附金(注1)のうち、次の(1)から(4)までに掲げる法人(注2)(以下「公益社団法人等」といいます。)に対するもので一定の要件を満たすものについては、支払った年分の所得控除として寄附金控除の適用を受けるか、又は次の算式で計算した金額(その年分の所得税額の25%相当額を限度とします。)について税額控除の適用を受けるか、いずれか有利な方を選択することができます。

(1) 公益社団法人及び公益財団法人

(2) 私立学校法第3条に規定する学校法人及び同法64条第4項の規定により設立された法人

(3) 社会福祉法人

(4) 更生保護法人

(その年中に支払った公益社団法人に対する

 一定の要件を満たす寄附金の額の合計額-2000円)×40%=公益社団法人等寄附金特別控除額

国税庁HP

 平成23年以後に個人が認定NPO法人に対してその認定NPO法人(注1)が行う特定非営利活動に係る事業に関連する寄附金を支出した場合には、支払った年分の所得控除として寄附金控除の適用を受けるか、又は次の算式で計算した金額(その年分の所得税額の25%相当額を限度とします。)について税額控除の適用を受けるか、いずれか有利な方を選択することができます。

(その年中に支払った認定NPO法人に対する

 一定の要件を満たす寄附金の額の合計額-2000円)×40%=認定NPO法人に対する寄附金特別控除額

国税庁HP

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。/きたみ りゅうじ

¥1,470

Amazon.co.jp