Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

「ググる」を英語でいうと?

Google 的貼牌冰箱(Google refrigerator)

最近、「起きてから寝るまでの英語表現700」という本を買いました。

表題どおり、起きてから寝るまでの動作や話し言葉に関する英語表現をまとめた本で、日常の動作について「英語ではこういう」っていうのがわかってとてもいいです。一生懸命読むって感じでは無いですが、開いた時間にパラパラっと読んで英語の勉強に生かしています。

この本の中に、パソコンやWebに関する表現をまとめた章があるのですが、その中でGooglingという見慣れないワードが出てきました。まさかと思って解説を見たら、日本語で言う、「ググる」は英語ではそのまま“google“なのだそうです。googleのing系がgooglingというワケです。

英語のWikipediaでも調べてみたら、以下のような結果が出てきました。

The transitive verb1 to google (also spelled to Google) refers to using the Google search engine to obtain information on the Web. However, it can also be used as a general term for searching the internet using any search engine, not just Google.

検索エンジンGoogleを使わない場合にも検索エンジンを使って検索する場合にはgoogleという動詞(他動詞)を用いるようです。

Yahooでググるみたいな用法も間違ってないということですね。

じゃあ「ググレカス(「それぐらいグーグルで検索しろよバカ」という意味のネットスラング)は英語で何ていうだろう?

Google!bitch! みたいな感じかな?と思ってましたが、

日本語の「ググレカス」は、Just FUCKING google it というそうです。

略して、 jFGitとかっていうこともあるとか。

まあ、あまり、使うことは無いかと思いますが。。。

あ、そうそう

昔、監査法人の先輩がクライアントの経理の人にググれカスって言ってましたよ(私の夢の中の話)

起きてから寝るまで英語表現700 完全改訂版/吉田 研作

¥1,680

Amazon.co.jp