Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

Octopus's Garden的、何度でも読み返したくなる漫画5選 #5manga

Nostargic

世の中にいろいろな種類の人間がいるのと同様に、世の中にはいろいろな種類の漫画があります。

その漫画の中から最高の漫画5個を選べと言われた時、皆さんはどのような尺度で選べばいいでしょうか?

最高に笑えるギャグマンガ、最高に泣けるラブストーリー、最高にワクワクするヒーローもの漫画など、種類の違う漫画達の中でどれが最高か?と問われた時に何を尺度として考えればいいでしょう?

人気ミステリー作家京極夏彦のデビュー作「姑獲鳥の夏」で、主人公であり古本屋を営む名探偵・京極堂は作品の冒頭でこう言います。

「この世に面白くない本などはない、どんな本でも面白いのだ」

続けてこう言います。

「だいたいこの世に面白くない本などはない。読んだことがない本は大抵面白いが、一度読んだ本はそれより少し面白がるのに手間がかかるというだけのこと、ただそれだけの事だ。」

同様に、世の中にある漫画はどんな漫画でも面白いのです。ただ、2度目に読んだ時に面白いと感じる漫画とそうでなく感じる漫画があります。

あえて世の中の漫画たちに優劣をつけるとするなら、ホントに価値のある漫画というのは、1度読んだ時にまた2度目を読みたくなる。そして2度目に読んだ時にまた3度目に読みたくなるような漫画なのです。

ということで、私は一般的な水準からすれば割と漫画を読んでいる方だと思いますが、私がこれまで読んできた漫画の中から、「何度でも読み返したくなる」最高に面白い漫画を5つほど紹介したいと思います。

NANA

2組のパンクバンドとその周りの若者たちを描いた青春漫画です。

バンドメンバーだけじゃなく、登場人物の一人ひとりがホントにカッコイイです。

高校生ぐらいのころから読み始めて、いつの間にか主人公たちよりもだいぶ年上になってしまいましたが、今でも定期的にに読み返しています。

ブラックジャック

これは小学生の時に親がまとめて買ってきてくれて、家族全員で読んでいました。

小学校~高校位まで何度も読み返しました。読むたびに新しい発見のある漫画です。

最近読んでいませんが、また読み返したいです。

こちら葛飾区亀有公園前派出所

言わずと知れた超長寿ギャグ漫画です。

常に時代の最先端を題材に扱っていて、こち亀の各巻を読み返せば当時の世相がわかります。

現在177巻まで発行されていますが、1巻から80巻くらいまでが最高に面白いです。

ハチミツとクローバー

美大生達の日常を描いた、至高の青春漫画です。

羽海野チカさんのほんわかした絵柄と大学生たちの青春が絶妙にマッチしてるんです。

さくらの唄

無気力でひねくれた高校生(まるで高校生の時の私のようです)の男の子が黒くて残酷な「大人の世界」に巻き込まれながら成長していく物語です。

読み終わった頃には軽くうつになること間違い無し!!

青春って甘くって、苦くっておもいっきり酸っぱいんです。

さくらの唄(上) (講談社漫画文庫)/安達 哲

¥683

Amazon.co.jp

さくらの唄(下) (講談社漫画文庫)/安達 哲

¥683

Amazon.co.jp

・その他

超頭脳シルバーウルフとかスプリガンとかは小学生ぐらいの頃にボロボロになるまで繰り返し読みましたが、これから先繰り返し読み返すかって聞かれたら、どうかなって感じなので入れませんでした。何回も読み返した漫画ってランキングだったらこれとは違うのになったでしょうね。

また、横山光輝の「三国志」なんかは最近また読み返していて、やっぱり凄い面白いなって思うけど、何回も繰り返し読み返せるような分量じゃないので選外としました。

超頭脳シルバーウルフ 1 (少年マガジンコミックス)/金成 陽三郎

¥407

Amazon.co.jp

スプリガン 全11巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]/皆川 亮二

¥509

Amazon.co.jp

三国志 全60巻完結セット (希望コミックス)/横山 光輝

¥26,400

Amazon.co.jp

There are places I'll remember

All my life though some have changed

Some forever not for better

Some have gone and some remain

 ~In My life