Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

新社会人に読んで欲しいサクっと読めて絶対に役に立つ文庫・新書本5冊

photo:01

最近、クライアントの会社に行くと新入社員と思しき人達が集団で社内を回っているのをよく目にします。きっとオリエンテーションか何かでしょう。

nanapiなどのサービスでお馴染みのロケットスタートの社長、けんすうさんのブログでは「新入社員に絶対に読んでもらいたい本7冊」を紹介していました。

新入社員に絶対読んでもらいたい本7冊-booklists.me

私自身は、このうち読んだ事があるのは3冊ほどです。

「絶対に読んでもらいたい」とまで書いているのだからさぞオススメなんでしょう。私もこれから読んでみたいと思います。

ところで、私が新社会人として監査法人に入社してからいつのまにか4年が経っていました。

その中で、仕事をはじめてから「この本は役にたったな」と思う本を紹介したいと思います。

忙しい新社会人のためにサクっと読めてためになる、オススメの本を5冊ほどチョイスしてみました。

何かと忙しい新社会人のために、電車のなかでも読める文庫本・新書本に限定しました。

「超」文章法 (中公新書)/野口 悠紀雄

¥819

Amazon.co.jp

思考の整理学 (ちくま文庫)/外山 滋比古

¥546

Amazon.co.jp

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書)/城 繁幸

¥756

Amazon.co.jp

経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)/佐藤 雅彦

¥630

Amazon.co.jp

学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)/福澤 諭吉

¥798

Amazon.co.jp

武器としての決断思考 (星海社新書)/瀧本 哲史

¥861

Amazon.co.jp