Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

ハウツー本の一番効率的な読み方。

Business card

私は年間100冊位は本を読みます。これは比較的多い方だと思います。

この100冊のなかには、「仕事を効率化するための~」とか「5時で帰る~」のようないわゆるノウハウ本というか、ハウツー本のような本(最近だとライフハックといったりもしますが)も含まれています。

そのハウツー本ですが、①一度鵜呑みにする②あまり縛られ過ぎないという2点に気をつけると、ハウツー本をより有効に活用できます。

①一度鵜呑みにする

本を書いた当人にとっては、この方法で解決した。効率的になった。ということなので、なんらか役立つ情報が得られるはずです。

本に書かれていることを一旦鵜呑みにしてみて、実際にやって見る。実際、やって見ないとその方法が自分にあったやり方かどうかはわかりません。やって見た中で、これは違うな。とか、これはいい!というのがでてくるので、これはいい!というところだけ取り込んでしまえばいいのです。

②縛られ過ぎない

矛盾するようですが、本に書いてあることを忠実に実践することがいいということではありません。各人にとってベストなやり方というのはそれぞれ違うので、本の中から「使えるトコロ」だけをいいとこ取り出来ればいいんです。

最近、「クラウド時代のタスク管理の技術」という本を読んでタスク管理に励んでいます。

仕事が効率的になりそうな予感がします。

クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!/佐々木 正悟

¥1,680

Amazon.co.jp