Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

いじめ問題についておもうこと

ijime

【大津市・中2いじめ自殺】卒業生は語る。いじめを相談しても「君が我慢すればすべては丸く収まる」 | キャリア | マイナビニュース

ここ最近、大津市のイジメ問題が連日のように報道されています。

「イジメ」という言葉を使うにはあまりに度を越した暴行、嫌がらせ、学校側の対応、事件の詳細を知れば知るほど気分が悪くなってきます。

この事件についての報道で、一番衝撃的だったのは、朝のテレビで、イジメ問題について詳しいコメンテーターが「この程度のイジメは全国どこでも起きている。今回はたまたま被害者が自殺してしまっただけだ」とコメントしていたことでした。

こんなことが全国どこでも起きているなんて。。。

信じられないことです。

wikipediaの「いじめ」という項目の中にはこれまで報道された事件の一部が「いじめ事件の例」として載せられています。どれも衝撃的な事件です。ただ、これらも氷山の一角にすぎないんですよね。。

いじめ - Wikipedia

今回の事件に関する報道を観ていていて残念なのは、

テレビや新聞、ネット上でも、加害者と学校を糾弾するばかりで、こういう事件が起こる根本的な問題や予防するための仕組みづくりについて触れているものがほとんど無いことです。

せいぜい「学校という組織の隠蔽体質」とか「警察の怠慢」という言葉が出てくるくらいです。

この問題は特定の地域の特定の組織だけの問題では無いはずです。

現代の学校という場所には、こういう問題を引き起こしている根本的な欠陥があるのです。それは1つ2つの単純な問題点ではなく、複数の要素がからみ合った複雑な問題で、解決していくのは非常に困難な問題だとは思いますが、私たちはそれらを一つずつ解決していく必要があります。

こういう悲劇を起こさないために、学校という組織、仕組みをどういう風に変えていくかという議論をし、変えていくことが今を生きる大人たちの責務なのだと思います。