Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

もう、うなぎを食べられないかもしれない

Untitled

明日は土用の丑の日ですね。

稚魚の収穫量が減少した影響でうなぎがとんでもなく値上がりしています。

先日、丑の日に先んじてうなぎを食べに行きましたが、やっぱり高くなっていました。

頻繁に食べるものじゃないので、多少高くなっていても問題無いのですが、鰻屋さんはホントに大変だなーとおもいます。

お店のほうは、材料が値上がりしたからといって、それを全部価格に反映させるわけに行きませんからね。

うなぎの値上がりの分をどれだけ価格に転嫁できているかはわかりませんが、販売価格以上に仕入れ値は高くなっているはずです。

うなぎの収穫量の減少って実はかなり深刻で、このまま収穫量が減っていくと、絶滅危惧種に指定されて、食べることができなくなるかもしれないんだとか。

日経新聞によると、米国政府はアメリカウナギニホンウナギを絶滅が心配な生物種として、国際取引の規制を検討しているらしいです。

ウナギを食べ続けるために  :日本経済新聞
米国政府はアメリカウナギニホンウナギを絶滅が心配な生物種とし、国際取引の規制を検討している ...

値上がりどころか、今後食べられなくなる可能性も出てきました。

【初回限定・土用丑の日特別企画!】★2年連続グルメ大賞受賞!送料無料!特大国産うなぎのお試しセット【お中元ギフトのお試しにも。】【ウナギ 鰻 蒲焼き 土用丑 土用の丑の日 ひつまぶし 】【2sp_120720_a】【あす楽対応_】(のし、包装不可)
by カエレバ