Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

「問題です」

「問題です」

 

「Aバス会社では、小学生以下の子供は大人料金の半分となっています。例えば、大人料金が200円であれば、子供料金は100円。240円であれば120円となります。」

「小学生のBくんは、お母さんとバスでデパートに向かいました。お母さんの乗車賃は270円。では、Bくんの乗車賃はいくらだったでしょう?」

 

 

 

 

昔、こんな問題が当時の人気テレビ番組「マジカル頭脳パワー!!」で出題されました。

解答者で多かったが、140円とか、130円とかいう解答。

 

正解は270円の半分なので、135円です。

これは、バス料金は10円刻みだという思い込みを利用したひっかけ問題なのです。

 

電車代も、今までは10円刻みが当たり前でしたが、1円刻みにするという案が上がっているらしいですね。

鉄道運賃、1円刻みが浮上=消費増税に合わせ―IC乗車券限定で (時事通信) - Yahoo!ニュース

 

考えてみれば、10円刻みというのは、券売機で切符を買うという事情から取り入れられた習慣なので、電子マネーがこれだけ普及した現代であれば、10円刻みにする必要ってあまりなくなってきているんですね。

 

発想の転換というか、これは思いつかなかったなあ。

思い込みって怖いですね。

 

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)/光文社

¥735

Amazon.co.jp

 

バリの賢者からの教え~思い込みから抜け出す8つの方法~L’homme qui voulait .../二見書房

¥1,575

Amazon.co.jp