Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

今、転職を考えている若手会計士に伝えておきたいこと

動くなら今ですよ。

私自身、今年にはいってから転職したんですが、転職市場で、公認会計士の需要はかなり高まっているなと感じました。

要因としては、景気が回復の兆しを見せていること、公認会計士合格者の減少、事業会社で働く会計士が増加したこと、要因はいろいろありますが、監査法人や財務系のコンサル会社などで会計士の需給バランスはかなり売り手市場になっています。

監査法人の就活の状況については、以前にもちょっと書きましたね。

明るい会計士業界のシュウカツ動向|Octopus's Garden 公認会計士たくりんのブログ


公認会計士合格者だけでなく、会計士の転職市場は、2007年以来の売り手市場何じゃないかと思います。有効求人倍率も上昇してきていますし、転職しようと思っている人には今が絶好のチャンスです。

8月の有効求人倍率0.95倍、6カ月連続改善 :日本経済新聞

とりあえず、情報収集くらいははじめておくかって人は、とりあえず転職サイトとかに登録してみるといいのかなと思います。今、どういう求人があるのかっていうのがなんとなくわかりますよ。

私が使ったのは、en転職コンサルティングというサイトです。希望条件と経歴を登録して置くと、毎日希望条件と経歴にあった求人をメールで知らせてくれます。送られてきた求人に応募すると、転職エージェントとやりとりが始まります。たまーにエージェントから直接コンタクトがあることもあります。

転職なら[en]転職コンサルタント -年収800万以上の転職情報満載-


また、転職を考えている会計士の方には、是非、VRPパートナーズ大谷さんが書いた「会計士・税理士の転職マニュアル」という本を読んでもらいたいです。

VRPパートナーズの大谷さんには、私も転職の際にとてもお世話になりました。VRPパートナーズさんは「アクチュアリー公認会計士、金融業界に特化したヘッドハンティング会社」と銘打っているだけあって、公認会計士業界の動向にかなり詳しいです。

アクチュアリー・公認会計士の転職・求人なら|VRPパートナーズ

「会計士・税理士の転職マニュアル」では、履歴書や職務経歴書の書き方や面接対策にとどまらず、キャリア形成に関する考え方、人材像なんかについても書かれていて、これからどういうキャリアを築いていこうかなと考えるときに、すごく参考になりました。