Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

監査法人から事業会社経理への転職で気をつけるべきこと

 今年に入ってから、少しだけ転職活動をした期間があったので、その時気づいたことを何点か記事にしていきたいと思います。

 本日は、「監査法人→経理」というキャリアについて思ったことを書きます。

 

 監査法人の会計士が転職活動をしていて、専門職に強くない転職コンサルタント(DODAリクナビNEXT等)に相談すると、まず紹介されるのが、事業会社の経理だったりします。

 

 実は、私も何社か応募してみたのですが、監査法人のスタッフやシニア(特に上位スタッフやシニア)から事業会社経理というキャリアはあまり良い選択肢ではないのかなと思いました。

 

 というのは、スタッフ・シニアで事業会社に入ると、転職先でも役職のつかないスタッフの扱いで採用されることが多いからです。そうすると、監査法人での経験があるとはいえ、経理経験はないわけですから、あまり高く評価はされませんし、これまでの監査の経験を活かすことが出来ません。

 

 一方で、監査法人でマネジャーまで上がってからの転職だと、転職先でも管理職で採用されることになるわけです。(会社にもよりますが)経理マネジャー等で入るのであれば、仕事は管理業務がメインとなりますので、監査法人での経験が活かせるはずです。

 

 なので、監査法人勤務で、将来的に事業会社経理の仕事につきたいというのであれば、マネジャーに昇格するまでは、監査法人で働くのがいいんじゃないかと思います。

 

 逆に、経理のいち担当者からスタートして、経理のスキルを身に着けて、キャリアを積み重ねたいというのであれば、事業会社への転職は早ければ早いほど良いです。

 

会計士・税理士の転職マニュアル

会計士・税理士の転職マニュアル