Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

進化したネットオークション

 我が家では、年明け早々にデパートに行って、福袋を買うのが正月の恒例行事となっています。

 福袋には、値段以上のものが入っていて、確かにお得なのですが、中には必要ないもの、使い道のないものも入ってます。今年は、うちの妻が買った福袋の中身を何点かオークションに出してみました。

 今回、実際にネットオークションをやってみるまでは、「ネットオークションは面倒くさい」というイメージが有りました。というのも、10年ほど前に、『モバオク』というネットオークションサービスを使っていたのですが、出品するまではともかくとして、落札されてからも、落札者とやりとりをして、発送先を聞いて、送料込みの入金金額を調べて、入金先の口座を教え、入金確認が出来てから発送して…となかなか面倒だった記憶がありました。

 今回は、楽天オークションを使って、福袋を出品してみたのですが、ネットオークションがものすごく便利に進化しているということを知りました。

 楽天オークション: 無料ではじめられるインターネットオークション!出品・入札も簡単♪中古もエコも、みんなで楽オク 

スマホから簡単に出品できる。

 時代の流れからしたら当然かもしれませんが、楽天オークションも、ヤフオクも、スマホのアプリを使って、簡単に出品する事が出来ます。スマホで商品の写真を撮って、説明文、開始金額、配送方法などを入力すると、すぐにオークションがスタートします。

送料も自動で計算してくれる

 配送方法とサイズを選べば、送料もオークションサイトの方で自動で計算して、入札者は送料込みでいくらなのかすぐに知ることができます。昔は、落札者から配送先を聞いて、「送料は~円です」というメッセージを送らなければならず、落札してからの作業が増える一因になっていました。

決済代行サービスが便利

 昔は、入札者から入金確認が出来てから商品を発送するか、代引きで送るかしなければならず、どちらも手続きが面倒でしたが、最近ではオークションサイトの方で決済代行をしてくれるのですごく楽です。落札者の方も登録しているクレジットカードで支払う事が出来、年末年始であろうが、入金がスムーズに行えます。昔は、落札した後に、商品が届いたら払うとか言う落札者がいたり、入金関係のトラブルがたまにあったので、非常に助かっています。

伝票の転記も楽に

 落札が終わり、落札者から入金が行われると、出品者は、オークションサイトから伝票を印刷することが出来ます。昔は、落札した後に、落札者に住所を聞いて、それを手書きで伝票に書かなければならなかったのですが、今はプリンタから印刷するだけで済むので非常に楽です。

落札者とのやりとりが少なくなった

 ここまでも書いてきましたが、昔は落札した後に、住所・入金方法・送料の伝達・送金した旨の連絡など、場合によっては何往復も落札者とメッセージのやりとりをしなければなりませんでしたが、今回、落札者とのメッセージのやりとりはほとんどありませんでした。

 出品者と落札者の間に、両方の情報を持っているオークションサイトが入ってくれているお陰で、出品者は出品と発送だけやり、買う方は入札と入金だけやれば良くなっているのです。

CtoCの取引が身近になった

 楽天オークションも、ヤフオクも手数料は落札金額の5.25%とそこそこ取られますが(ヤフオクはこれに加えて、プレミアム会員になる必要あり)、本当に便利なサービスだと思います。

 今回、福袋をオークションに出品してみて感じたのは、個人が手頃にネット上でモノを売るインフラがすでに整っているということです。

 現在はインターネットの世界でも楽天市場やAmazonなどのBtoCの取引が主流ですが、CtoCすなわち、消費者間の取引の敷居は相当低くなっていて、今後はインターネットでの消費活動は、CtoC取引が主流になってくるかもしれません。

 

ヤフー・オークション公式ガイド 2010

ヤフー・オークション公式ガイド 2010

 

 

 

ヤフオクで不況に勝つ! 安く買って高く売るマル秘テクニック

ヤフオクで不況に勝つ! 安く買って高く売るマル秘テクニック