Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

外資系金融のExcel作成術

発売前から、一部で話題になっていた「外資系金融のExcel作成術」。書店でもAmazonでも売り切れだったようだったので、Kindleストアで購入しました。

 ↓紙の書籍

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方

 

 ↓Kindle

  外資系金融機関で、世界共通のテンプレートを作成していたという作者が、わかりやすいExcelでの表、効率的にExcelを使うための技、外資系の投資銀行ファンドでも通用する財務モデルの組み方を解説しています。

Excel上級者でも学ぶところは数多い

 監査法人時代、毎日数時間Excelを使っていて、Excelの使い方についてはかなり習熟していると思っていましたが、それでもこの本から学ぶことはかなりありました。

Excelスキルは今や必須のスキル

 今や、会社の数字に関わる仕事をしているすべてにとって、Excelでの資料作成は必須のスキルとなっています。

従来型のExcel本との違い

 ところが、従来のExcel解説本は、一般的なExcelの操作方法に終始していて、数字を扱う人たちが実際に資料を作成するときに、どのようにExcelを使うか?ということにフォーカスした本というのは皆無でした。

 その点、本書はかなり実践的な内容で、会計数値を扱う人にとって本当に必要な使い方だけに絞って解説しているので、無駄な部分が少なく、従来のExcel本の10倍は役に立つ本だと思います。