Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

公認会計士の皆さん、CPAバッジ(会員章)をつけましょう!

 今日は、監査法人時代の後輩と久しぶりに再開しました。独立開業して、最初は思い通りにいかないこともいろいろあったみたいですが、今は安定して来て、すでに何人か雇っているそうです。どんどん先をいかれているようで、私も頑張らねばと思いました。

 ところで、その後輩の彼は、CPAバッジを毎日つけているのだそうです。これをつけていると、クライアントにCPAであることをアピールできて、相手に安心感を与えるという効果があるのだそうです。

f:id:takkuya84:20140425235342j:plain

 監査法人時代は、CPAバッジをつけている人を観たことなかったのですが、つけてみると、意外とかっこいいですね。

 数年前に、新デザインになったCPAバッジのデザインを担当し松永真さんは、「国立西洋美術館」「ベネッセ」などのロゴを担当されている、日本屈指のグラフィックデザイナーさんです。どうりでかっこいいわけです。

f:id:takkuya84:20140425233512j:plainf:id:takkuya84:20140425233647j:plain

 最近、偽公認会計士というのが出現してきているようで、協会としてもバッジの着用を推奨しています。

当協会では、公認会計士の身分を証するための「会員章」(バッジ)を公認会計士1人につき1個配付し、業務を行う際にはこれを着用することを求めています。

公認会計士協会HP

  しかし、同じ士業でも、弁護士さんはバッジの着用が日弁連の会則で義務付けられていますが、会計士はどうして義務づけないんでしょうね?

弁護士は、その職務を行う場合には、 本会の制定した記章を帯用しなければならない。

日弁連会則29条2項)

  まあ、とにかく、会計士の皆さん、皆でバッジを着用しましょう!!そして、CPAバッジをもっとメジャーなものにしましょう!!デザインもカッコ良いですし。

 

松永真、デザインの話。

松永真、デザインの話。