Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

マンガ喫茶にいくんだったら、国会図書館に行ったほうがいいんじゃないかという話

国会図書館のニュースが世間を騒がせてますね。。
私は、仕事の資料を探すため、時々国会図書館に行くのですが、ここに来ている人たちの図書館の使い方がさまざまで実に面白いです。
 
特に雑誌の受け取りカウンターの近くでは、ジャンプを10冊近く積み上げてひたすら読んでいる人や、10年くらい前のメンズノンノを読んでる人、古い週刊誌を読んでいる人 etc..
 
特に、国会図書館でジャンプを読むという発想には驚きました。
国会図書館には、日本で出版されたすべての出版物を所蔵しているので、マンガもファッション誌も週刊誌も置いてあるんですよね(もちろん、ア○ルト雑誌も)。
 
で、思ったんですが、都内に住んでいる人であれば、マンガ喫茶でマンガを読むより国会図書館で読んだほうが安上がりなのではないでしょうか。試したことはありませんが…
 
黄金期のジャンプを読み返して、少年時代を思い出したり、昔の「明星」を読んで、嵐メンバーのジュニア時代の写真を探したりと、マンガ喫茶ではできない楽しみ方もできますし。