Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

資料の整理はMECEに

http://www.flickr.com/photos/57874295@N00/2094109362

photo by lgcalvo

 MECEとは、「漏れ無く、ダブり無く」という意味です。

 物事を分類するときに、漏れがあったりダブリがあると、正しい結論がでなくなってしまうことから、ビジネスの世界では非常に重要な考え方の一つです。

 最近、アウトルックの受信トレイのフォルダを幾つか作っている時に気づいたのですが、資料を整理するときにも、MECEが重要です。

 メールを各フォルダに分類するときに、フォルダの定義に漏れがあったりダブりがあったりすると、どのフォルダに分類すべきものかわからないメールが出てきてしまい、メールの分類作業の効率が下がりますし、後から見返すときにどのフォルダに入っているか、探すのに手間がかかってしまいます。

 これは、紙の資料をファイリングするときにも同じ事が言えます。保管が必要な資料をファイリングする必要があるときは、まずはファイルが足りているか?(もれがないか?)どのファイルにファイリングすべきか明確になっているか?を事前に確かめておく必要があります。

 逆にこれをやっておくと、後から資料を探すのが楽になりますよ。