Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

「これはわかりやすい!!」って言われるパワポを作るための8つのコツ

ここ最近、ひたすらパワポの資料を作る仕事をしています。
前職では、パワポをいじる機会が少なかったため、どうすればわかりやすいい資料を作れるのか?ネットや本で調べながら悪銭苦闘しながら作っています。

そんな中見つけたのが、SlideShareというサイト、ここには、PowerPointKeynoteで作られた、綺麗でわかりやすいプレゼンのスライドがたくさん掲載されています。

www.slideshare.net

SlideShareの中で見つけた8 Tips for an Awesome Powerpoint Presentationというスライドには、PowerPointでスライドを作る際の8つのポイントがわかりやすくまとめられていて、とても参考になりました。

  「普通」なんて糞食らえ!! 

PowerPointを立ち上げて、「新しいスライド」からスライドをつくろうとすると、「タイトルとコンテンツ」「セクション見出し」…何通りかのテンプレートの中から選んでを作ることになりますが、このテンプレートの形のままでスライドを完成させてはいけません。

デフォルトのテンプレートを利用してプレゼンを作っても、一応は形になりますが、恐ろしく退屈なスライドが出来上がってしまいます

色づかいは大事!

 スライドを作成するのに、色使いを工夫するのは大変重要です。単色では、よっぽどセンスがなければ寂しいスライドになってしまいます。

とはいえ、色を使いすぎたスライドは目が疲れてしまいます。ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーを決めておき、他の色は例外的に使うようにしましょう。

ベースカラー等を決めるときは、どの色が自分や会社のイメージにあっているか? を考えることも大事です。また、時には対照色を使ってメッセージを強調するのも効果的です。

いいフォントを使え!

いくら内容の良いスライドでも、フォントがプレゼンの内容に合っていなければ台無しです。 真面目な話をする場合には明朝、砕けたい場合にはメイリオを使うなど、予めルールを決めておくといいですね。

フォントについては、過去に書いたこちらの記事もご参考に。

www.takurin.com

文字、文字、文字、文字は最悪

説明をしようとするほど文字ばかりになってしまいがちです。しかし、文字ばかりのパワポは聴衆の眠気を誘います。

文字をたくさん書くのではなく、表や写真、グラフなどビジュアルで表現する工夫をしましょう

写真は文字より多くを語る

メッセージを伝えるのに写真を使うのはとても有効です。 伝えたいメッセージにピッタリあった写真を使うことで、メッセージは聴衆の記憶に残りやすくなります

ビジネスで使うのであれば、会社が契約している写真素材のサービスを使うことになりますが、フリーの写真素材サービスにもセンスの良いものがたくさんあります。

先日Beckさんが海外のハイセンスなフリー写真素材サイトをまとめてくれました。きっとプレゼンに使える写真が見つかるはずです。

hacks.beck1240.com

「でかい」は美しい

重要なメッセージを大きな文字で書いたスライドを作ることは、メッセージを印象づけるためには効果的です。聴衆は、ひと目で「これがキーワードなんだな」とわかってくれるはずです。

大きな文字だけでパワポを作る「高橋メソッド」という手法もあり、「デカ文字」は簡単で効果的な手法です。

www.insightnow.jp

インフォグラフィックを使いやがれ!

インフォグラフィックとは情報やデータを視覚的に表現したものです。インフォグラフィックを使うことで、伝わりづらい数値や専門的な情報も伝えやすくなります。 

Cool Infographicsや、Pinterestというサイトでは、非常にハイセンスなインフォグラフィックが紹介されています。英語のサイトですが、言葉がわからなくても、インフォグラフィックが伝えたいメッセージは理解できるはずです。

また、データを入力して用意されているテンプレートを選ぶだけでインフォグラフィックを作ってくれるinfogr.amというサイトも便利そうです。

たのしいインフォグラフィック入門

たのしいインフォグラフィック入門

 

 

模倣は創造の始まり

ここまで、素晴らしいパワポを作るためのコツを書いてきましたが、上達の一番の近道は、達人たちの「作品」を真似しながらとにかくたくさん作ってみることだと思います。

職場にいるパワポの達人達の作ったものを研究し、作成のコツを聞いてみましょう。自分の作ったものについてフィードバックをもらうのもいいでしょう。

また、今回紹介したSlideShareその他にも、インターネット上で検索すればたくさんの素晴らしいパワポの資料が転がっています。参考とすべきスライドを収集して、その中から「使える」テクニックを少しずつ自分のものにしていきましょう!

 

 

パワポで極めるフレームワーク ロジカルに落とすプレゼン資料作成の秘訣 (ビジネス極意シリーズ)

パワポで極めるフレームワーク ロジカルに落とすプレゼン資料作成の秘訣 (ビジネス極意シリーズ)