Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

ワイシャツはクリーニングに出してはいけない

http://www.flickr.com/photos/15879717@N00/5115537082

photo by Blue Square Thing

先日もご紹介した、「成功する男のファッションの秘訣60――9割の人が間違ったスーツを着ている 」という本に、ワイシャツはクリーニングに出さないほうが良いということが書いてありました。

一枚500円程度の高給仕上げは別として、通常はシャツのボタンを止めたまま、上からプレス機でプレスするのだそうです。そのため、上質なシャツで厚いボタンのものほど、すぐにボタンが割れてしまいますし、生地の風合いが死んでしまいます。

つまり、クリーニングに出すと、シャツが痛みやすいということです。

 

ワイシャツをクリーニングに出すことは便利ですが、こういったリスクがあります。

アイロンがけは実は簡単

私は、この本を読んでから、半年ほど前に、買ってからずっと使っていなかったアイロンを引っ張りだして、ワイシャツのアイロンがけを始めたのですが、これが意外と簡単でした。

アイロンがけのやり方をよくわかっていなかったので、Youtubeでアイロンがけの動画を探して、最初は動画を見ながらアイロンがけをしていました。その動画がこちらです。

 

文章だとわかりづらいことが、動画だと簡単に理解できますね。

アイロンがけにかかる時間は1着2分弱

アイロンがけは面倒・手間というイメージを持っている方は多いかと思いますが、ワイシャツのアイロンがけは実は簡単なのです。
最近は慣れてきたので、一着2分弱で終わっています。週末にまとめてやるので、1週間分を10分かからずに仕上げることができています。

クリーニング屋に行って、取りに行って、という手間を考えると、家でアイロンがけをしたほうがかえって楽かもしれません。 それに、シャツのもちが良くなって、クリーニング代もかからなくなるので経済的です。

アイロンがけにチャレンジしよう!

ワイシャツのアイロンがけ、是非チャレンジしてみてください。 アイロンはスチームの強いモノを選ぶとより楽になりますよ。

 

 

Panasonic コード付きスチームアイロン ブルー NI-S55-A

Panasonic コード付きスチームアイロン ブルー NI-S55-A

 

 

 

山崎実業 舟型アイロン台ベーシック アルミコート 3634

山崎実業 舟型アイロン台ベーシック アルミコート 3634