Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

情報商材ビジネスとひよこ士業食いビジネス

 遅ればせながら、闇金ウシジマくんの30巻を読みました。

 Kindle版はコミック発売日からだいぶ遅れて配信されるようですね。

 闇金ウシジマくんの今回のテーマは、「ネオヒルズ族情報商材ビジネスの実態が非常にわかりやすく書かれていました。

 

情報商材ビジネス

 彼らは、六本木の高層マンションに住み、高級外車を乗り回し、美女をはべらせ、カモたちに自分たちが成功者であると印象づけます。

 そして、「こうやったら、成功できる。」「この商材を使えば君も金持ちになれる。」と力説して、一つ数十万から数百万円の高い教材を売りつける。それを買った人たちは、同じ方法でそれを他の人に販売する。。。以下これを繰り返す。と

 これは、従来からあるマルチ商法と手口は同じです。違うのは、販売するものが無形のものか有形のものかという点。

 情報商材の様な無形のものは、簡単に複製できて、少額からも始めることができます。

 そのため、有形のガラクタを販売する従来のマルチ商法にくらべ、ビジネスを早く拡大できます。これが秒速で億円稼ぐカラクリのようです。

ひよこ士業食い

 会計士の世界でも、開業数年のひよこ士業を食い物にする「ひよこ食いビジネス」なるものがあるようですが、これに通じるものがあります。 

 

同士業等で開業して数年程度以内のひよこ士業を食い物にするひよこ食いビジネスに対する私見|日米公認会計士・日米税理士・国家公務員1種試験経済職合格者 福留 聡のブログ

多くのひよこ食い士業は自分の専門分野で食べれないから、まだ開業したてであまりよくわかっていないひよこからある意味お金をだまし取り、ひよこ食いしていることに早めに気づいてほしいですね。

 きっと、ひよこ食いされた士業は、数年後には開業したてのひよこをターゲットに、自らもひよこ食いを始めるのでしょうね...

 ベテラン士業であろうと、情報やノウハウを高額で売り込もうとする連中には、疑いの目を持って接してください。