Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

IFRS適用で赤字が黒字に

 自見大臣発言以来、ブームは去ったと思われたIFRSですが、最近になって導入を検討する企業が増えています。

 会社によっては、IFRSを導入することで利益が大きく変わってしまうところもあるようです。

 

 医薬品開発のそーせいグループ株式会社は、平成26年3月期からIFRSを適用した会社です。そーせいグループの平成26年3月期の決算短信に、日本基準とIFRSの差異が記載されています。

 

f:id:takkuya84:20140627072435p:plain

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140625099925.pdf

 

 これを見ると、日本基準では6億4千万円の当期純損失、つまり赤字ですが、IFRSでは、15億9千万円の当期純利益、黒字となっていることがわかります。

  適用する会計基準が違うだけで利益がこんなに変わってしまうと、会計基準が違う企業間の比較も難しくなりそうですね。