Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

スキルアップには無理をすることが必要

 筋力の増強のためには、筋肉に負荷をかける必要があるのと同様に、仕事のスキルも自分の脳みそに多少負荷をかけるくらいやらないとアップしません。

 

 
 先日、クライアントの担当の方(以下、クライアント)から新しい仕事を頼まれた時のエピソード。

クライアント「takuさん、こんなのを作って欲しいんだけどデキるかな?」
taku「(うーん、やったこと無いし、使えるものができるか正直自信ないな。でも、面白そうだし、勉強になりそう)あー、大丈夫だと思います。」
クライアント「じゃあ、まずはこの部分だけやっておいてもらえますか?」
taku「(あー引き受けちゃったよ…できるかな?)承知しました!」
 
 で、今週の頭から、うんうん唸りながら資料を作っていたんですが、参考とするような資料も殆どなく、ほとんど無に近い状態から何かを作り出すって大変なんだなとか思いながら資料の作成に励みました。
 
 それで、今週半ばくらいになんとか完成させることができ、クライアントに資料を提出しました。
 
taku「(資料の説明をした後)こんな感じでいかがでしょうか」
クライアント「あ、いいですね。こんな感じで続きもお願いします」
 
 地味な作業ですが、この仕事を通して、一つ、マネタイズできそうなスキルが身についていっている実感があります。
 
 できる事ばかりやっていても成長はありませんし、新しい事にチャレンジするって楽しい事ですよね。