Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

サラリーマンに医療保険は必要か?

http://www.flickr.com/photos/65555826@N00/142643696

photo by wonderferret


会社員が普通の医療保険にはいるのは、結構無駄なんじゃないかなんてことを、先日妻が入院して、保険の請求手続きをしてる時に考えてました。

会社に勤めていて、社会保険に加入していれば、高額医療費制度を利用することができます。
高額医療費制度では、医療費の自己負担額は、所得に応じて月額いくらまでと上限があります。
病院の窓口では、一律治療費の3割を支払いますが、決められた上限を超えた場合には、後日、超えた分を加入している社会保険に請求することができます。

保険の目的は、万一に備えることです。社会保険によって自己負担額が決まっているのであれば、その分だけ貯蓄できていればいいわけです。

月々数千円の保険料とはいえ、数年間払い続けていれば、かなりの額になります。

病気やケガで入院しても、有給の範囲であれば給料も保障されます。

普通の会社員にとって、掛け捨ての医療保険に入るメリットは少ないのかなと思います。