Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

節税策への罰金は憲法違反

http://www.flickr.com/photos/59937401@N07/5857254592

photo by Images_of_Money


最近、こんな話題が税理士・会計士界隈で話題になっています。

www.nikkei.com

節税をした企業に、罰金を課すのかと思いましたが、そうではなく報告義務違反に罰金ということのようですね。

節税策に罰金だったら、とんでもない話です。

税金の基本的な考え方に、租税法律主義という考え方があります。

これは、税金は法律に基づいて行わなければならないという考え方で、我が国の憲法にも規定されています。

日本国憲法第八十四条 

あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする。

もしも、国税庁が、節税策に罰金を科すことができてしまったら、実質的に法律的に基づかない徴税が行われることになってしまいます。これは明白に憲法違反です。

最初、この記事のタイトルを見たときに、「節税策に罰金!?」と驚きましたが、そうでなくて安心しました。