Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

北越紀州製紙、24億円着服でも、利益は2億円しか修正しない理由

子会社の経理担当者が、会社名義の借入を繰り返し、15年間にわたって、計24億円を着服していたということがわかりました。


大王製紙の前会長の着服額100億円と比べればかわいい額ですが、一従業員の着服としてはかなりの額です。

これまで、着服した金額は24億円ということですが、当期の決算に与える影響は、2億円と言われています。

では、なぜ24億円の着服にもかかわらず、利益に与える影響は2億円なのでしょうか?

まず、事件が発覚するまで、着服を行った従業員が会社名義で借り入れた借入金が26億円は、北越紀州製紙貸借対照表には、計上されていませんでした。
そのため、この24億円を借入金に計上する修正する必要があります。

さらに、この24億円はすでに使い込まれてしまっているため、24億円のほぼ全額を損失に計上する必要があります。

また、会計上は、過年度の誤りは、その誤りがあったときに遡って修正するということになっています。
そのため、24億円のうち、過年度に使い込みがあった分は、使い込みがあった期の損失として計上することになります。
そして、当期に着服が行われた分だけ、当期の損失として計上します。今回のケースでは、当期に着服されたのが3億円だったという事のようです。

着服された24億円のほぼ全額は損失となるものの、過年度の着服による損失は発生した年度の財務諸表を修正して損失を計上するため、当期の利益の修正額は、当期行われた着服額である、2億円となるわけです。

過年度遡及処理の会計・法務・税務

過年度遡及処理の会計・法務・税務