Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

日本再興戦略2015とIFRS任意適用

http://www.flickr.com/photos/44597265@N00/5522143049

photo by Yashar.Mans

今年の6月30日に、「『日本再興戦略』改訂2015」が閣議決定されました。

2014年版に引き続き、成長戦略の一つとして、IFRS任意適用推進というのが項目が挙げられています。

 


以下、「『日本再興戦略』改訂2015」から、IFRSに関する部分を抜粋しました。

IFRS に移行するメリット等について、任意適用した企業に対し、 実態調査・ヒアリングを行い、「IFRS 適用レポート」として取り まとめ、本年4月に公表した。なお、本年6月 15 日時点で、IFRS の任意適用を公表した上場企業 86 社の時価総額は約 121 兆円と なっており、この額は全上場企業の時価総額の約2割を占めるま でに至っている。

この一年間で、IFRS任意適用が一気にふえましたね。また、「IFRS適用レポート」はかなり詳細で、実務担当者として非常に有益な資料だったと思います。

2008 年の G20 首脳宣言において示された、会計における「単 一で高品質な国際基準を策定する」との目標の実現に向け、引き 続き IFRS の任意適用企業の拡大促進に努めるものとする。 IFRS 適用企業や IFRS への移行を検討している企業等の実務 を円滑化し、IFRS の任意適用企業の拡大促進に資するとの観点 から、IFRS 適用企業の実際の開示例や最近の IFRS の改訂も踏ま え、IFRS に基づく財務諸表等を作成する上で参考となる様式の 充実・改訂を行う。 また、上場企業は、本年3月末の年度決算に係る決算短信から、 その中の「会計基準の選択に関する基本的な考え方」において、 IFRS の適用に関する検討状況を開示している。これについて、 東京証券取引所と連携して分析を行い、各上場企業の IFRS への 移行に係る検討に資するよう、IFRS の適用状況の周知を図る。

 政府としては、IFRS導入を両手を挙げて推進している様な状況ですね。数年前の自見発言から状況が大きく変わっているのがわかります。