Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

東芝、粉飾金額は1500億円超。オリンパスを超える粉飾となるか?

http://www.flickr.com/photos/73852584@N00/3911787373

photo by nofrills

昨日の報道によると、東芝の「不適切会計」の影響額が1,500億円超になる見込みのようです*1

www.nikkei.com

これまで、影響額はインフラ事業の500億円と言ってきたわけですが、

 

www.nikkei.com

当初の見込みから、だいぶ金額が大きくなりました。

日本企業としては最大級の粉飾金額

粉飾の範囲はさらに広がって、金額も1,500億円と日本企業の粉飾としてもトップレベルの金額になってきました。

1,500億円という粉飾金額は、長銀(3,500億円)、山一証券(2,600億円)、カネボウ(2,100億円)に次ぐ規模になり、オリンパスの粉飾金額が1,200億円*2ですから、これを上回る規模となります*3

ずさんな体制

また、 先日書いた、こちらの記事でも触れましたが、

www.takurin.com

 問題が発覚した当時、東芝では、もはや正しい利益がどれくらいなのかを把握できている人はいなかったのでしょう。

そこに、第三者委員がやってきて、過去の情報をかき集めて正しい数字を作りなおしてみたら、実際の利益は決算書で公表されたものよりも1,500億円も少なかったということになります。

このタイミングで数字が出てきたということは、第三者委員会としても、ある程度金額を固められたということだと思いますので、これ以上粉飾金額が大きくなることはないかと思います。

しかし、ここまで調査が長引き、さらに修正金額が当初発表した金額から大きく変動したことを見ると、東芝の財務報告の体制はかなりずさんなものだったということがわかります。

今後の展開

第三者委員会の調査が終わり、期日までに訂正報告・決算報告ができたとしても、今後、上場に耐えうる財務報告の体制を構築できるのか、市場の信頼を保てるのかという点については疑問が残ります。

 

会計不正はこう見抜け

会計不正はこう見抜け

 

 

*1:朝日新聞の報道によると、1,000億円とのことです。

 

www.asahi.com

どちらが正しいのか、あるいはどちらとも正しくないのか、は週明けになれば分かるでしょう

*2:オリンパスの訂正報告書(正確には訂正報告書の訂正報告書)では、118,419百万円

*3:オリンパスの粉飾については、ちょうど7/1に粉飾の指南役に実刑判決が出ました。オリンパス粉飾、指南役らに実刑判決 東京地裁 :日本経済新聞