Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

今、シニアベンチャーがアツい!!

昨日のがっちりマンデーのテーマは、「儲かるシニアベンチャー」でした。

中小企業庁の統計によると起業者の年齢別の割合をみると、60代以上が30%と一番多く、近年増加しているようです。

 

f:id:takkuya84:20150706101319j:plain

シニアベンチャーが増加している理由としては、
  1. 長年の仕事経験で作り上げたノウハウを持っている
  2. ベンチャーを立ち上げる資金を持っている
  3. 長い人生で培った人脈がある
とのことです。
確かに、こういう要素を考えると、若者よりも、シニア世代の方が起業の成功率が高そうですね
 
番組で取り上げられた会社の中でも、ユニークだったのが、シニア経理財務という会社です。

senior-keiri.jp

この会社は、大手企業の財務・経理を定年退職した人を中小企業に派遣する派遣事業の会社です。
 
派遣社員を受け入れる中小企業からすると、自分の会社では到底採用できないようなハイスペックな経理担当を雇うことができるというメリットがあります。
 
こちらは中小企業白書の転載ですが、中小企業においては、人材不足は年々深刻化してきていて、人材の確保が大きな課題となっていることがわかります。

f:id:takkuya84:20150706101601j:plain

しかも、人材が確保できない一番の理由が、「応募がない」ですから、中小企業がいい人材を確保することがいかに難しいことかがわかります。
 
そんな中小企業にとって、定年退職した方とはいえ、経験豊富な人材を雇えるというのは大きなメリットがあります。
しかも、この会社では、時間単価2,000円と非常に低いコストで雇うことができるのです。
派遣社員からすると、すでに年金をもらっているので、それほど稼ぐ必要はないなか、パートタイムの仕事としては、悪くない時給だと思います。
また、働く日数も、週2.3日からでもいいので、定年後の自分の時間を確保することができます。
働く側も、派遣される企業もどちらも嬉しい仕組みで、うまいこと考えられたビジネスですね。
 
これから先、高齢化社会が進んでいくと、シニアの起業も、シニアに働いてもらうビジネスというのもどんどん増えていくのでしょうね。

 年をとっても元気で働ける体を保ちたいものです。