Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

会計上の誤謬と監査上の誤謬

今日は、会計のちょっとマニアックな話。

誤謬(ごびゅう)と聞くと、私を含め会計士の多くは、「財務諸表の意図的でない誤り」を連想します。

 

監査基準の中では、誤謬は以下のように定義されていて、
誤謬とは、財務諸表の意図的でない虚偽の表示であって、金額又は開示の脱漏を含む
監査に関わったことのある人なら、誰もがその意味をさらで言えるくらい基本的な単語です。
一方で、過年度訴求基準とよばれる*1、比較的最近になってできた会計基準では、誤謬について以下のように書いています。
誤謬とは、原因となる行為が意図的であるか否かにかかわらず、財務諸表作成時に入手可能な情報を使用しなかったことによる、又はこれを誤用したことによる、次のような誤りをいう。
監査の基準では、財務諸表の誤りのうち意図的でないものを誤謬、意図的なものを不正と定義しています。
一方で、会計上の誤謬は、意図的なものも含めて財務諸表の誤りを誤謬と定義しています。会計基準の上では、意図的かどうかと言うよりは、誤りという事実が問題となるわけですね。
 
うーん。今更ですが、分かりずらいですね。
過年度訴求基準ができるとき、だれかツッコミを入れる人はいなかったのでしょうか?
 

 

勘定科目別 不正・誤謬を見抜く実証手続と監査実務

勘定科目別 不正・誤謬を見抜く実証手続と監査実務

 

 

*1:正式名称は「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準