Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

東芝 第三者委員会報告書の要約版のまとめ

http://www.flickr.com/photos/10246637@N04/2362162094

photo by Foreign and Commonwealth Office

photo by victoriabernal

本日、予定よりちょっと遅れて、東芝第三者委員会の報告書の要約版が出ました。

 

 

要約版なのに、全77ページもあります。
明日でる詳細版はどれだけの分量なのでしょう…
不適切な会計処理の内容としては、概ね、これまで報道されてきた内容と同じですね。
不適切会計の利益インパクトは、累計で1500億円程度で、
不正の内容を大きく分けると、以下の通りです。
さらにこれらの一つ一つに複数の案件があって、不正のデパート、不正の総合商社といってもいいでしょう。
 
不正が行われた原因としては
  • 当期利益至上主義と目標必達のプレッシャー
  • 上司の意向に逆らうことができないという企業風土 
なんかがあげられてます。
 
報告書全体読んでみての印象として、わりと末端の方まで不正に関わっていて、組織的に行われた不正だったんだな〜と改めて感じました。
 
ちなみに、監査法人の責任については、ノーコメントのようです。
なお本調査の目的は、会社の不適切な会計処理について、その内容、原因、背景等を含めた事実関係を究明することにあり、会社の財務諸表全体につき監査意見を表明する会計監査人の監査の妥当性の評価、すなわち、監査手続や監査判断に問題があったか否かを調査することを目的としていない。