Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

信者ビジネスの闇

最近、こんな記事を読みました。【藤沢数希】恋愛工学という厄介な新興宗教【批判】 - しっきーのブログ

読んでみた感想としては、恋愛工学のっていうのは「こうすれば君も成功できる」「夢を叶えるためにあなたがすべき〜」とかいう自己啓発ビジネスの一種なのかなと思います。

 

 
これらのビジネスの特徴としては、科学的に根拠のないことを、さも宇宙の真理のように語ることがあげられます。ここが、これらのビジネスが宗教じみて見える理由だと思います。
 
不思議なのは、客観的に見て、ちょっと考えれば「おかしいぞ」って分かるようなことでも、ハマってしまう人がいることです。
ターゲットになるのは、自分の頭でものを考えようとしない人です。
そういう人たちに対して、
「あなたが探している答えはここにあります」
と言った感じで、「答え」を提供してあげるんですよね。
安易に答えを求める人ほどハマりやすい。
このビジネスモデルって、情報処理能力の低い人を狙い撃ちにしているところから、「情弱ビジネス」といってもいいかもしれませんね。
 
また、熱狂的な信者ほど、これを否定する人に対して攻撃的になります。
 
本来は、これらのビジネスの被害者である、受講生や信徒が、このビジネスの最大の擁護者となってしまうのは、信者ビジネスの闇の深さを表している気がします。