Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

意外と使える医療費控除

http://www.flickr.com/photos/88842026@N00/9239789580

photo by antoniocasas - homofotograficus.com

今年は、いろいろあって医療費が結構な額になりそうなので、医療費控除を使うことになりそうです。

医療費控除とは

医療費控除は、その年にかかった医療費のうち10万円を超える額を所得税の計算から控除して税金を少なくする制度です。所得税が少なくなった分は、確定申告することで返金されます。

 

自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)|所得税|国税庁

ちなみに、この「生計を一にする配偶者やその他の親族」については、所得制限はないため、共働きの場合には、どちらか所得の多いほうが申告したほうがお得です。

医療費控除は、自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る医療費を支払った場合に適用することとされており、この場合の配偶者その他の親族の範囲については、所得金額の要件は付されていません(所得税法第73条第1項)。
 したがって、所得を有する親族のために支払った医療費であっても、その親族が医療費を支払った者と生計を一にする者であるときは、その医療費を支払った者の医療費控除の対象となります。

共働き夫婦の夫が妻の医療費を負担した場合|所得税目次一覧|国税庁

せっかく控除をうけるので、他に控除を受けられる医療費がないか調べてみたんですが、医療費控除ってわりと幅広く認められているようですね。

調べてみて意外に感じたものをいくつか挙げます。

市販薬

医療費控除で認められる薬代は、お医者さんの処方で出される薬だけでなく、いわゆる市販薬も医療費控除の対象に含まれます。

医師の処方や指示がなくても医療費控除の対象となります。

医薬品の購入費用は、治療や療養に必要なものであって、かつ、その病状に応じて一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額であれば、医療費控除の対象となります(所得税法施行令第207条)。

したがって、かぜの治療のために使用した一般的な医薬品の購入費用は、医師の処方や指示がなくても、医療費控除の対象となります。

かぜ薬の購入費用|所得税目次一覧|国税庁

タクシー代

タクシー代も場合によって、医療費控除の対象になります。

(2) 出産で入院するときにタクシーを利用した場合、そのタクシー代は医療費控除の対象となります。それは、入院が出産という緊急時のため、通常の交通手段によることが困難だからです。

(注) 実家で出産するために実家に帰省する交通費は医療費控除の対象にはなりません。

No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)|所得税|国税庁

おむつ代

寝たきりで治療を受けている場合のおむつ代なんかも医療費控除に該当するようです。
その場合には「おむつ使用証明書」なるものをお医者さんに発行してもらう必要があるそうです。
聞いた話によると、この「おむつ使用証明書」、発行するのに手数料を取られるそうです。これくらい無料で発行してくれてもいいのにと思いますが。

次のような費用で、医師等による診療、治療、施術又は分べんの介助を受けるために直接必要なもの

(1) 医師等による診療等を受けるための通院費、医師等の送迎費、入院の際の部屋代や食事代の費用、コルセットなどの医療用器具等の購入代やその賃借料で通常必要なもの(ただし、自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車場の料金等は含まれません。)

(2) 医師等による診療や治療を受けるために直接必要な、義手、義足、松葉杖、義歯などの購入費用

(3) 傷病によりおおむね6か月以上寝たきりで医師の治療を受けている場合に、おむつを使う必要があると認められるときのおむつ代(この場合には、医師が発行した「おむつ使用証明書」が必要です。)

No.1122 医療費控除の対象となる医療費|所得税|国税庁

レーシック治療費

レーシックなどの近視の治療のための費用なんかも医療費控除の対象となるようですね。

レーシックの治療は、いわゆる公的保険は効かないようですが、医療費控除の対象とはなるようです。

視力回復レーザー手術(レーシック手術)とは、角膜にレーザーを照射して近視や乱視などを治療し、視力を矯正する手術のことです。
この手術は、眼の機能それ自体を医学的な方法で正常な状態に回復させるものであり、それに係る費用は、医師の診療又は治療の対価と認められますので、医療費控除の対象となります。

No.1122 医療費控除の対象となる医療費|所得税|国税庁

意外と幅広い医療費控除

上記はあくまで一例ですが、意外と「医療費控除」の対象となる費用って幅広くいので、洗い出してみると人によっては意外と結構な額が還付されるかもしれませんね。

他にも、「これはどうかな?」って思うものがあったら、国税庁のタックスアンサーで調べてみてください。

医療費を支払ったとき|所得税|国税庁

ただ、年末にレシートをかき集めて一年分をまとめて集計するのは大変なので、少しずつエクセルとかに集計しておいたほうがよさそうですね。

 

 

医療費控除のすべてがわかる本

医療費控除のすべてがわかる本