Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

TOEIC600点台から読めるKindle対応の洋書12選

 

先日書いた、Kindleの無料の洋書に関する記事が非常にたくさんのブクマを集めて、書いた自分自身が一番驚いています。

www.takurin.com

Kindle×英語学習」という組み合わせに、皆さん非常に多くの関心を持っているということがわかりました(「無料」と付くものには誰しも反応してしまうというのもあると思いますが) 

いただいたブックマークコメントは一通り読ませていただきましたが、「役に立つ」といってくださるコメントもありましたが、「中には古典は難しくて手が出せない」なんて声もけっこうありました。

そこで、今回は英語で書かれた一般書で、比較的簡単な英語で書かれているものを紹介したいと思います。

今回紹介するのは、有料のものがメインとはなりますが、Kindleは「試し読み」というのができますので、「試し読み」できる部分だけ読むというのもありです。

まずは、Kinldeでの難易度別の洋書の入手方法ですが、Kindleの洋書ストアでは、英語難易度別リーディングガイドというのがありまして、Lexile指数という語彙レベルを表す指標を使って、自分の語彙レベルにあった洋書を探すことができます。

 

Lexile指数は、英語の読解力を客観的に測定するツールとして開発された指標で、英文に使われている単語数や難易度、構文の複雑さなどを総合的に数値化したもの。本の場合はその難易度を、人であれば「読む力」を示す。指数は「0L」から10刻みに上がり、難解な専門書は「2000L」を超える。アメリカでは教育現場で幅広く活用されているほか、世界165か国で使用されている。

英語難易度別リーディングガイド

 このページでは、TOEICのリーディングセクションのスコアをLexile指数に換算した検索結果を探すこともできます。
Lexile指数は、数値が上がるほど、読了に必要な語彙の量が増えることを意味します。

今回は、TOEICのリーディングのスコア300点前後(Lexile775~1075)くらいの範囲で、面白そうな洋書をいくつかみつけたので、ご紹介します。

1.私はマララ

Malala: The Girl Who Stood Up for Education and Changed the World

Malala: The Girl Who Stood Up for Education and Changed the World

  • 作者: Malala Yousafzai,Patricia McCormick
  • 出版社/メーカー: Indigo (an Imprint of Orion Children's)
  • 発売日: 2014/08/19
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 

 昨年ノーベル平和賞を受賞した、マララ・ユスフザイさんが自身で書いた自叙伝です。

こちらの国連でのスピーチも必見です。 

www.youtube.com

2.ノルウェイの森

 日本では上下間合わせて400万部を超える大ヒットになった「ノルウェイの森」の英語訳です。村上春樹のあの独特な文体が、英語ではどのように表現されているのか気になります。やれやれ。

Norwegian Wood (Vintage International Original)

Norwegian Wood (Vintage International Original)

 

3.キャッチミー・イフ・ユー・キャン

実在した天才詐欺師を題材にした犯罪物語。私は、ディカプリオ主演の映画のほうしか見ていないのですが、やることがいちいち大胆で驚きます。

「人間は小さな嘘は見抜くが、大きな嘘は信じる」みたいなことをどこかの独裁者が言っていましたが、そういうことなんでしょうね。

Catch Me If You Can: The Amazing True Story of the Most Extraordinary Liar in the History of Fun and Profit

Catch Me If You Can: The Amazing True Story of the Most Extraordinary Liar in the History of Fun and Profit

 

4.アルジャーノンに花束を

今年、Newsの山ピー主演でドラマになりましたね。
高校生のときに、英語の教師に薦められて途中までよんだ記憶があります。今度は最後まで読みきりたい。

Flowers For Algernon (S.F. MASTERWORKS) (English Edition)

Flowers For Algernon (S.F. MASTERWORKS) (English Edition)

5.ダヴィンチコード

全世界で大ヒットした、ダヴィンチコード。こちらも必要な語彙数は少なめなんですね。映画も日本語訳もまだ読んでないので、この機会に読んでみたいです。

The Da Vinci Code: Featuring Robert Langdon: 1

The Da Vinci Code: Featuring Robert Langdon: 1

 

 6.ハリーポッターシリーズ

洋書の初心者の定番、ハリーポッターシリーズですね。やはり本一冊読みきるには、その本がそもそも面白い必要がありますが、これは間違いなく面白い作品です(といっても私は映画しか見たことはありませんが)。

呪文の名前が何気に曲者ですが、そこはウィキペディアとかで調べつつ。

Harry Potter and the Sorcerer's Stone (Harry Potter, Book 1)

Harry Potter and the Sorcerer's Stone (Harry Potter, Book 1)

7.チーズはどこへ消えた

7.チーズはどこに行った?

この本、日本でも一時期ものすごいはやりましたね。

童話風の物語を通して、変化に対応することの大切さを学べます。ページ数もすくないので、「一冊読みきる」という目標にはちょうどよいかも知れませんね。

Who Moved My Cheese?: An A-Mazing Way to Deal with Change in Your Work and in Your Life

Who Moved My Cheese?: An A-Mazing Way to Deal with Change in Your Work and in Your Life

 

 8.ジュラシック・パーク

映画「ジュラシック・パーク」の原作です。生物学の話も少しでてくるので、難しそうなイメージがあったのですが、こちらも必要語彙量は低めなんですね。
映画より原作のほうが何倍も良いといっている人がたくさんいるので、こちらも読むのが楽しみです。

Jurassic Park: A Novel

Jurassic Park: A Novel

9. 早秋

スペンサーシリーズという人気のハードボイルドシリーズの一つです。会計パーソンのための英語学習法や、村上式シンプル英語勉強法でも推薦されている、英語学習者と非常に相性のいい作品です。こちらは私も読了済みですが、面白いし、平易な英語で書かれているので、スラスラ読めます。

カミュでも飲みながら、英語でハードボイって見たいところですね。

Early Autumn (A Spenser Mystery) (The Spenser Series)

Early Autumn (A Spenser Mystery) (The Spenser Series)

 10.

ある日、ふとした事故で、「不良を更正するためのキャンプ」につれてこられた主人公が、ひたすら地面に穴を掘るという労働を強いられる。というストーリーなのですが、登場人物たちの掛け合いが軽妙でとにかく面白い。最後のどんでん返しも痛快で気持ちいいいです。

 

Holes

Holes

 

 

11. Someday Angeline

魚が大好きな天才少女が頭が良すぎて、クラスで浮いてしまい、そんなところに唯一心を許せる男の子と出会い…というストーリー。

「穴」と同じ作者の作品ですが、こちらの方が短めです。登場人物たちの個性が際立っているので、話のやりとりがとにかく面白いです。

飽きずに一気に一冊いけちゃいますね。

Someday Angeline (Avon/Camelot Book)

Someday Angeline (Avon/Camelot Book)

 

 

12.法律事務所

トムクルーズ主演で「The Firm/法律事務所」というタイトルの映画にもなったサスペンス小説。

タイトルからして難しい法律用語が出てきそうですが、そんなこともないようですね。

ちなみに、主人公は弁護士だけじゃなく、会計士の資格も持っているようです。

The Firm: A Novel

The Firm: A Novel