Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

大道芸の「ワールドカップ」を観に行きました。

photo by The Original Ki

今週の月・火は静岡県静岡市で行われた「大道芸ワールドカップin静岡」というイベントに出掛けてきました。

意外と歴史の古いイベント

大道芸ワールドカップin静岡」は、静岡市まちづくりから始まったイベントで、1992年の開催から、毎年100万人以上の人が観客が集まるイベントだそうです。 そして、今やアジア最大級のパフォーミングアート・フェスティバルとして世界的にも注目されています。

全国的にはそれほど有名なイベントではないと思いますが、出演するパフォーマーの方たちも一流の方たちばかりですし、東京から静岡まで一時間程度なので、わざわざ足を運ぶ価値が大いにあるイベントだと思います。

街を歩けば大道芸にあたる

静岡のまちなかの至るところで、パフォーマーたちがそれぞれのパフォーマンスをやっていて、コメディやダンス、ジャグリングにヨーヨー、エアリアルといろいろなジャンルのパフォーマンスを観ることが出来るので、ずっと見ていられるんですよね。

運が良ければ、ホントに息遣いが聞こえるくらいにすごく近くで観ることができるのもいいですね。

椅子席も用意されてます

人混みが苦手って人は、有料のプレミアムステージっていうのもあって、こちらでは座席に座ってみれるので、安心です。私は、プレミアムナイトショウっていう夜の部と、プレミアムショーケースっていう昼の部の計2回見に行ってしまいました。

大道芸ワールドカップin静岡 フェスティバル情報2015 プレミアムステージ

これはこれで快適に観れるのが魅力なんですが、やはり大道芸の醍醐味は路上パフォーマンスなのかなと思います(2回も行っておいてなに言ってんだって感じではありますが)。

投げ銭

投げ銭っていう仕組みも面白いです。 パフォーマンスを観て、面白かったと思ったらお金を渡す。面白くなかったら、そのまま立ち去ってもいいし、一回のパフォーマンスで千円以上渡す人もいれば、百円の人もいる。見る人の懐具合によっても投げ銭の額は変わってきます。 千円以上出す人って、以外とたくさんいるんですね。一回のパフォーマンスでかなりの投げ銭が集まっていました。

ハイレベルな出演者たち

このイベントの一番の見どころは、世界中から集った超一流のパフォーマーたちです。大道芸ワールドカップの中で、印象に残ったパフォーマーの方たちをいくつか紹介します。

オーレリー ドーファン

www.youtube.com

空中で華麗にシルクと絡み合うエアリアルです。妖艶で非常にストーリー性のある演技で、大道芸でこういう演技が観れるとは思っていませんでした。

ロスト ロコス!オーレ!

www.youtube.com

昨年のチャンピオンのトリオだそうです。ギターテクニックがもの凄いんですが、それだけじゃなく、笑いどころがたくさん盛り込まれていて、会場の盛り上がりがすごかったです。

サンズカンパニー

www.youtube.com

子供の頃、だれもが遊んだ、「シーソー」を使った演技です。二人組みがシーソーを使って、ものすごい高さにジャンプしながら、宙返りをしたり、場所を入れ替わったりするんですが、迫力がすごいです。こういう演技を間近で観れるのが大道芸の醍醐味ですね。

PLE-MIX

www.youtube.com

風船を使った演技がコミカルで思わず爆笑してしまいました。今回みた中で一番笑えたパフォーマンスでした。

LEO

www.youtube.com

一輪車に乗りながら目隠しでのジャグリングがすごかったです。海外でも評価の高い日本人パフォーマーのようです。

食事もおいしい静岡

昼食は、「つむらや」という蕎麦屋さんで、5色そばを食べました。 水のきれいなところに美味い蕎麦屋ありと言われますが、富士山の伏流水が流れる静岡には、ハイレベルな蕎麦屋がたくさんあるようです。

夜は「沼津魚河岸寿司」で、お寿司を食べました。 写真は、生桜海老と生しらすの軍艦セット。どちらもなかなか関東では食べられないものです。 でっかい器で出てくるあら汁は、このサイズで150円です。 沼津魚河岸寿司は、静岡県内にいくつも店舗を展開していますが、チェーン店とは思えないクオリティです。